本田技研工業 株式会社の『バックエンドサーバー構築エンジニア(コネクテッドサービス/二輪)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

バックエンドサーバー構築エンジニア(コネクテッドサービス/二輪)

二輪のコネクテッド技術開発を推進する組織にて、OTAシステムをはじめとするバックエンドシステム開発プロジェクトの推進を担当します。

【組織のビジョン】
ライトモビリティーとコネクティビティーで笑顔あふれる毎日を創りだす

【組織の役割】
“喜びの拡大”につながるサービスコンセプトを実現するソフトウェア・コア技術の創出

【採用背景】
IoT時代に入り、車があらゆるものと接続され、新価値をお客様に提供する時代となっています。
Hondaにおいても「つながる技術」でお客様に新しい「喜び」をお届けするための商品・サービスの開発を強化しております。
今回は、モビリティの新しい可能性を探究し続け社会に役立つ次世代の商品・サービスをつくるための仲間の募集です。
さらなるイノベーションを巻き起こすため、自動車業界以外の方も歓迎です。
様々な英知を結集し、これまでにない新しいHondaを一緒につくりあげましょう。

【具体的には】
・コネクテッドサービス提供に必要なバックエンドシステム開発のプロジェクト推進
・車両開発チームや社外開発チームと業務上の連携
・システム要件定義やシステムテストの方法策定 等
その他、従来型の車輛開発やシステム開発の枠にとらわれない最新技術・ソリューション、クラウド技術を活用したシステム開発とそのシステムを活用したアプリケーションの企画・開発運用に携わることができます。

【業務の魅力】
・お客様に届ける二輪車を、提供後も安心・安全にご利用いただくために重要な要素であるコネクテッド技術について裁量を持って大きな仕事ができます。
・車載通信ユニットを搭載したコネクテッドカーは、次世代のモビリティ技術の基盤として注目されている領域の1つです。

【職場の雰囲気】
中途採用や若手が多く、企画立案を裁量を持って推進できる、自由闊達な雰囲気です。

【選考フロー】
・コーディングテスト有無:無
・想定面接回数:2回

キャリア採用募集職種一覧
(変更の範囲)専門性や適性、会社ニーズなどを踏まえ、会社が定める業務への配置転換を命じる場合がある

勤務地

本田技研工業株式会社 埼玉県朝霞市泉水3-15-1
【動画】Honda 二輪・パワープロダクツ事業本部(朝霞)施設紹介

(変更の範囲)業務上の事情により国内外の事業所(子会社及び関連会社を含む)への異動、または出向・派遣を命じる場合がある

応募資格

【求める経験・スキル】
下記いずれかのご経験を有する方
●クラウドサービス(AWS等)を利用したシステム構築経験
●自動車業界においてコネクテッドシステム構築に携わったご経験

【上記に加え、あれば望ましい経験・スキル】
●システム開発におけるプロジェクトマネジメント経験
●基礎レベルの英語力(目安:TOEIC600点程度以上)

【求める人物像】
●グローバルな視点でプロジェクトをリードしたいという想いをお持ちの方
●最先端の技術などに対するアンテナが高く、新しいモノが好きな方
●自ら手を挙げて様々なことに失敗を恐れずにチャレンジができる方

待遇

Hondaの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、
安心して生活でき、仕事に集中できる環境をつくることを目的にしており、
社員一人ひとりの多様なライフスタイルを支えています。

■想定年収
450万~1000万円
※給与は経験・能力を考慮の上決定します。

■福利厚生(受動喫煙防止措置含む)について詳しくはこちらをご覧ください。

求人企業の応募フォームに直接応募できます

本田技研工業 株式会社

埼玉県朝霞市 システムエンジニア(SE)・プログラマ ( IT・システムエンジニア・開発・運用系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

モビリティ(二輪、四輪、ライフクリエーション、ロボット、航空技術など)の研究・開発・製造・販売

本社
〒107-8556 東京都港区南青山2-1-1
設立
1948年(昭和23年)9月
代表者
取締役 代表執行役社長 三部敏宏

Hondaフィロソフィー

Hondaフィロソフィーは、「人間尊重」「三つの喜び」から成る“基本理念”と、“社是”“運営方針”で構成されています。Hondaフィロソフィーは、Hondaグループで働く従業員一人ひとりの価値観として共有されているだけでなく、行動や判断の基準となっており、まさに企業活動の基礎を成すものといえます。 Honda は「夢」を原動力とし、この価値観をベースにすべての企業活動を通じて、世界中のお客様や社会と喜びと感動を分かちあうことで、「存在を期待される企業」をめざして、チャレンジを続けていきます。