株式会社神戸製鋼所の『ロジスティクス業務担当(海外サプライヤの工程管理業務/兵庫)(E307)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

ロジスティクス業務担当(海外サプライヤの工程管理業務/兵庫)(E307)

<採用背景>
目指すべきユニット像の実現と「MIDREX®ビジネスの拡大」に向け、より一層組織力強化を図る必要があり、この度人材を募集したいと考えています。

2030年度に向けた調達部の目指す姿は次の通りです。
「購買・ロジ・検査の各機能がコアバリュー業務への注力と最適品質・コスト・納期の実現により、お客様・PJへの提供価値を最大化している。これにより、セグメントの成長戦略と受注量・利益の最大化に貢献すると共に、調達要員の一人ひとりが、自身の成長と社会・お客様の喜びへの貢献を実感できている。」

また「MIDREX®ビジネス」とは、当社米国100%子会社 Midrex Technologies, Inc.が展開する直接還元製鉄法(MIDREX®プロセス)を活用したビジネスであり、世界の鉄鋼業界のカーボンニュートラルへの貢献が期待されています。 直接還元鉄プラント(MIDREX®プラント)の構成機器、そのサプライヤを対象としたロジスティクス業務を遂行する要員の確保が必要となっています。

※1 MIDREX®プロセスとは
世界の還元鉄生産量の約80%(天然ガスベースの直接還元鉄)を占める直接還元法のリーディングプロセスです。天然ガスを改質したガス(CO+H2)を還元剤とするMIDREX NGTM、天然ガスを水素に柔軟に置き換えることが出来るMIDREX FlexTM、100%水素を還元剤とするMIDREX H2TMという3つのプロセスを保有しており、MIDREX NGTMにおいては90基超の納入実績があります。

MIDREXビジネスについては下記リンクの10~14ページをご参照ください。
https://www.kobelco.co.jp/ir/library/investor_meeting/2023/230926_esgday_4.pdf

<配属組織>
エンジニアリング事業部門 プロジェクトエンジニアリングセンター 調達部 ロジスティクスチーム

【エンジニアリング事業部門 プロジェクトエンジニアリングセンター 調達部】
部長+2部内組織・1機能
・ロジスティクスチーム(購入品の工程管理・出荷管理等を担当)
・検査室(購入品の品質管理・検査を担当)
・購買機能(プラント資機材・工事の国内外購買を担当)

今回配属予定となるロジスティクスチームは神鋼物流と、検査室は神鋼検査サービスと、それぞれ連携・協業する運営体制となっております。
購入品・サプライヤの工程管理業務、出荷管理業務、輸送費見積業務、安全保障貿易管理、輸出入管理
輸送業務、通関業務(当社の荷主代行)は、神鋼物流への業務委託により実施しています。

<業務内容>
直接還元鉄プラントの構成機器、そのサプライヤを対象としたロジスティクス業務として、機械設備や製缶品の海外サプライヤの工程管理業務をお任せしたいと考えています。
機械設備や製缶品に関するモノづくりの全般知識(溶接・塗装・熱処理などの製作工程)を有しており、その知見を、ロジスティクス業務に展開・応用していただきます。
海外サプライヤとは英語でのコミュニケーションが必要となり、隔週または月次、各サプライヤ(複数社)に対して進捗確認、状況に応じてエキスペダイティングを行っていただきます。
輸送業務(計画、見積)、安全保障貿易管理、神鋼物流との連携、社内外の関係者との連携、安全・品質・環境・コンプライアンスに関するチーム活動にも参画していただきます。

<キャリアパス>
直接還元鉄プラント案件、複数の並走案件のキーマン、ロジスティクスチームのエースとして活躍することを期待します。
機械設備や製缶品に関するモノづくりの全般知識(溶接・塗装・熱処理などの製作工程)を活かして、検査業務または購買業務、設計業務への働き掛け、連携・改善のキーマンとなっていただきます。

<魅力・やりがい>
チーム発足後、経過年数が浅く、少数精鋭の部署です。
そのため、輸出・輸入物件、特筆すべき課題のある案件・物件に注力する等、ターゲットを明確化し、目先の仕事と将来の志事、実案件の業務遂行とチーム共通課題への取組み、バランス対応しています。
サプライヤの工程管理・出荷管理は、プロジェクト遂行の要であり、プロジェクトのQCDのうち、"D" を担う大変やりがいのある役割です。
直接還元鉄プラント案件におけるロジスティクス業務の遂行により、プロジェクト遂行能力の向上、カーボンニュートラルへの貢献に、直接的に寄与することになります。

また、社内外の関係者と双方向コミュニケーションを通して、仕事の段取り、前工程への働き掛け、後工程への配慮行動、自然と行うことになるため、自己の領域拡大(関心の輪・影響の輪)、それによる人的成長が期待できます。
直接還元鉄プラントの構成機器、そのサプライヤを対象としたロジスティクス業務の経験者がいないため、頼りとされる存在となります。
購買業務を経験していただく可能性もあります。購買での経験も積むことで、調達業務全般に精通するスペシャリストへの飛躍が期待できます。

業務の都合等により、会社の指示する業務への異動を命じることがあります。

勤務地

神戸本社

●敷地内禁煙(屋内喫煙可能場所あり)

業務の都合等により、会社の定める事業所への異動を命じることがあります。

応募資格

<必須の経験・スキル>
1. 機械設備や製缶品に関するモノづくりの全般知識(調達、購買、工程管理、生産管理、プラント施工管理、生産管理など)を有していること
2. 英語に対して抵抗感のない方

<あると好ましい経験・スキル>
・機械設備・製缶品に関するモノづくりの全般知識を有していること
└機械設備・製缶品は、熱処理・加工外注・溶接・塗装等の工程を含み、材料手配や加工等の製作工程の初期より、品質管理・工程管理が必要となるため
・貿易実務(輸送・梱包を含む)に関する全般知識を有していること
└工程管理業務のみならず、出荷管理業務等のロジスティクス業務全般をカバーするエースとしての活躍を期待するため

待遇

<労働条件>
【想定年収】
570万円~1,100万円
※想定年収:月例給+賞与+諸手当

【モデル年収】
570万円/25歳(月給29.3万円+諸手当+賞与)
780万円/30歳(月給36.2万円+諸手当+賞与)
970万円/34歳(月例43.9万円+諸手当+賞与)
1,100万円/37歳・管理職(月給51.1万円+諸手当+賞与)
※管理職については時間外労働手当なし、その他は20hを想定

【雇用形態】
正社員

【賃金形態】
月給制

【残業手当】
有 ※残業時間に応じて支給

【通勤手当(交通費支給)】
有 ※会社規定に基づく

【昇給・賞与】
昇給:年1回 (会社規定に基づく)
賞与:年2回(6月、12月)

【試用期間】
試用期間あり(2ヶ月/試用期間中の労働条件変更無)

【所定労働時間】
7時間45分 休憩時間45分
※始業、終業時間は各事業部門により設定

【フレックスタイム制】

在宅勤務可能、時差出勤可能

<休暇>
【年間休日】
121日 週休2日制 ※年間休日スケジュールは各事業所毎に設定
事業所別の休日カレンダーは選考を通してご確認ください。

【有給休暇】
0~20日
入社した月に応じて当該休暇年度中(4月1日~翌年3月31日まで)に付与
2カ月の試用期間終了後から利用可能
※長期休暇あり

【その他休暇】
ライフサポート休暇、慶弔休暇、法令による休暇、育児休業、介護休業制度

<制度>
【退職金制度】
有 ※会社規定に基づく

【寮・社宅制度】
有 ※会社規定に基づく

【保険】
社会保険完備
健康保険・介護保険(満40歳以上)・厚生年金保険・雇用保険・労災保険

【その他制度】
社員持株会
各種財形貯蓄制度
退職年金制度
選択型確定拠出年金制度
社宅/独身寮制度(適用条件有)
カフェテリアプラン(年間8万5千円相当)

【育児・介護】
産前産後休暇
育児休業
介護休暇
短時間勤務制度(育児・介護) 他

参照:仕事と家庭の両立を支援する制度
https://recruiting-site.jp/s/kobelco/10236

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社神戸製鋼所

兵庫県神戸市中央区 経理 ( 事務・管理系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

製造業/鉄鋼、溶接、アルミ・銅、機械、エンジニアリング、電力、その他

創立
1905年9月1日
設立
1911年6月28日
資本金
2,509億円(2023年3月31日現在)
代表取締役社長
勝川 四志彦
従業員数
連結 38,488人(2023年3月31日現在) 単体 11,368人(2023年3月31日現在、出向者を除く)

~KOBELCOは信頼の証です!~

「KOBELCO」は神戸製鋼グループの統一ブランドです。 多様な事業を抱える当社グループが、グループとしての総合力を発揮していくためには、それぞれの事業の垣根を越えた活動が不可欠です。グループ内に一体感を醸成しながら、グローバルに事業を展開していく旗印となるのが「KOBELCO」です。 「KOBELCO」が信頼の証として、世界中のステークホルダーから支持されるよう、様々な社会のニーズに応えていきます。