株式会社 本田技術研究所の『デジタルツインを活用した車両/コネクテッドサービスの企画・開発<SDM(Software Defined Mobility)platform開発>』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

デジタルツインを活用した車両/コネクテッドサービスの企画・開発<SDM(Software Defined Mobility)platform開発>

当部門では100年に1度と言われる変革期にある自動車業界の重要テーマ「CASE」の根幹を成すコネクテッドプラットフォーム(※車(モビリティ)とヒトをつなぐデジタルサービスプラットフォーム)を構築しています。インターネットを介してリアルタイムで世界中の車とヒトをつなぎ合わせることで、事故防止による安全な社会の実現やモビリティの未来を形作る新しい取り組みに挑戦しています。

仮想空間での車両のシミュレーション解析を可能とする、最新技術を活用したプラットフォームの構築をリードすることでクロスドメインでの高速開発を実現し、高品質デジタルサービスを素早くお客様に提供します。

「ITの力で、よりよい社会を構築したい」
「自動車のあり方を変えるような影響力の大きな事業に携わりたい」
「失敗してもいい、チャレンジしよう」

新たなモビリティの未来を一緒に創りませんか

【業務内容】
車両およびコネクテッドサービスの高速開発を実現するために、デジタルツイン技術を活用したプラットフォームの構築をリードする開発者として下記のような業務を推進いただきます。
・デジタルツイン実現に向けた技術動向の調査
・Hondaのビジネス戦略、商品戦略の方針等を鑑みた、デジタルツイン技術を活用したプラットフォームの達成技術方針・ロードマップの構想検討及び策定
・デジタルツインに関する研究およびPoCの推進
・プラットフォームの開発(要件定義/設計/テスト/本番展開)
・自動車開発チームやコネクテッドサービス開発チーム、社外パートナーと連携した新機能・サービスの検討、企画

【業務の魅力】
・Hondaはグローバルでの更なる成長を目指し、全社を挙げてコネクテッド領域の強化を行っており、コネクテッド開発をさらに加速させるための最先端デジタルツイン技術を活用してプロジェクトのリーダーとして次世代コネクテッドプラットフォームをプラットフォームの企画・開発を行うことができます。
・デジタルツインは業界全体でも発展途上の領域であり、業界の先駆者として最新技術を取り入れながらモビリティを進化させることができます。
・従来型の新機種車両開発プロジェクトだけでなく、電気自動車プロジェクトおよび、それらを取り巻く新ビジネスの企画からプロジェクトの議論に参加することができます。
・コネクテッド領域のスコープは自動車に限らず、バイクや航空機など様々なモビリティへの拡大を視野に入れておりモビリティの未来に関わる機会があります。
・ハードウェア×ソフトウェアの両立でスピード感をもって自動車業界の大変革に挑戦することができます。
・世界を代表するモビリティメーカーとして最先端のコネクテッドプラットフォーム、サービス、ユーザーエクスペリエンスを世界中のお客様に届けるという大きな責任と感動のある仕事に携わることができます。

【キャリアイメージ】
デジタルツイン技術やコネクテッドプラットフォームだけでなく、自動車やバイク等の様々な製品の企画・開発プロセスを理解し、各部門のリーダーとチームを組んで新製品や新サービスの開発プロジェクトに参画いただきます。ITの専門性を活かして、部門メンバーだけでなく外部ベンダーや関連部門をリードする経験を積みながら、将来的には複数領域を束ねるリーダーとして新製品や新サービスの開発プロジェクトにも挑戦いただく機会があります。その他に海外拠点との連携強化のために海外グループ会社への短期派遣・駐在も可能性があります。

【教育環境】
当部門では全社共通の研修に加えて、業務に必要となるスキルを習得できるように、職種に合った幅広い研修を用意しています。

【部門・事業紹介】 

・ソフトウェアエンジニアがリードするHonda「第二の創業期」とは?─次世代のソフトウェアデファインドモビリティを創る技術と開発


・クラウドでクルマをつくる?! AWSを用いたクラウドネイティブアーキテクチャと、スケーラブルな構成を通じたあらゆるモビリティ・グローバル・サービス同士がつながる新たな未来への挑戦


■AWSフォーラム登壇記事

【開催報告】AWS Autotech Forum 2022


【Hondaのコネクテッド】

・つながるクルマでさらなる安心・快適を


・【解説】コネクテッドカーの今とその先、“つながる”で変わるクルマの価値とは?


【社員インタビュー】

・中途入社社員が語る!Hondaを形作る文化の数々


・正解がないから挑戦が楽しい。コネクテッドサービスでクルマに新しい価値を


■ワーキングマザーインタビュー

仕事も育児も、しなやかに強く。Hondaで輝くワーキングマザー

勤務地

・東京都港区
Honda Innovation Lab (東京ミッドタウン内)

・埼玉県和光市
※最寄り駅の「和光市駅」は「池袋駅」から電車で約15分です。


※上記は初任地となります。その後は、国内および海外事業所への異動の可能性があります。

応募資格

【必須】
■経験(下記、いずれかの経験)
・デジタルツイン、ソフトウェアシミュレーションの開発経験
・OSS等を用いた量産ソフトウェアの開発経験
・大規模システム開発プロジェクトにおいてビッグデータの抽出、加工、分析などを行った経験

■スキル、資格
・クラウド上でのソフトウェア開発環境や開発ツールに関する基本的な知識
【歓迎】
■経験
・AWSを活用したシステム開発経験
・機能安全、ミックスドクリティカルなどの課題に取り組んだ経験
・DB設計の経験
・CAEを用いた解析の経験
・テックリードとしてプロジェクトを推進した経験
・コネクテッドサービスの開発経験
・システム開発におけるベンダーの管理経験
・ソースコード管理、プロジェクト管理/課題管理等のツールの活用経験

■スキル、資格
・仮想化技術(コンテナ、ハイパーバイザー等)に関する知識
・車両ソフトウェアスタックに関する知識
・AI/ML開発の流れと開発環境に関する知識
・CI/CDに関する知識
・5Gなど通信に関する知識
・OSSを本番環境で扱う際の運用知見や課題への理解
・プロジェクトマネジメントに関連する資格(IPA PM、PMP等)
・車両開発部門、事業部門、海外現地法人等の、立場やバックグラウンドの異なる方々とも良好な関係を築けるコミュニケーションスキル
・ビジネスの現場での外国語でのコミュニケーションスキル

【求める人物像】
・最先端の技術などに対するアンテナが高く、新しいモノが好きな方
・自ら手を挙げて様々なことに失敗を恐れずにチャレンジができる方
・グローバルな視点でプロジェクトをリードしたいという想いをお持ちの方
・技術力を持つだけでなく、プロジェクトコントロールや部門間の調整もできる方
・バランス感覚を持ち、物事の全体を俯瞰した上で設計ができる方

待遇

Hondaの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、
安心して生活でき、仕事に集中できる環境をつくることを目的にしており、
社員一人ひとりの多様なライフスタイルを支えています。

■想定年収
450万~1000万円
※給与は経験・能力を考慮の上決定します。

■福利厚生(受動喫煙防止措置含む)について詳しくはこちらをご覧ください。

【リモートワーク活用事例】
承認プロセス:所属長の承認で使用可能です。
活用頻度:個人ごとに差はありますが、週2/3回程度活用されていることが多いです。
活用タイミング:育児/介護などのご家族に関連するタイミングのほかに、リモートワークでも実施可能な業務の場合はが活用可能です。
※具体的な活用シーン
ご家庭などプライベートなご事情に合わせた就業スタイルが可能です。
お子様を保育園に送り迎えするために、フレックスを活用される。お子様が体調を崩し、リモートワークに急遽切り替えるなどリモートワーク、フレックス制度活用を通じた柔軟な就業が可能です。

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社 本田技術研究所

東京都港区、埼玉県和光市 機械・電気・電子の研究開発・応用研究 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

輸送用機器の研究開発 ※(株)本田技術研究所は、本田技研工業(株)の研究・開発部門が分離・独立した会社です。

設立
1960年7月1日
資本金
74億円

Mission

本田技術研究所は、時代の変化を先取りした価値創造を行ってきました。Hondaを支えるドライビングフォースとして、新技術の基礎応用研究と技術開発、新価値商品の研究開発を通して、お客様の喜びの拡大にチャレンジしています。これからも世の中をリードする創造革新技術を創出していきます。

企業理念

Hondaフィロソフィーは、「人間尊重」「三つの喜び」から成る“基本理念”と、“社是”“運営方針”で構成されています。Hondaフィロソフィーは、Hondaグループで働く従業員一人ひとりの価値観として共有されているだけでなく、行動や判断の基準となっており、まさに企業活動の基礎を成すものといえます。 Honda は「夢」を原動力とし、この価値観をベースにすべての企業活動を通じて、世界中のお客様や社会と喜びと感動を分かちあうことで、「存在を期待される企業」をめざして、チャレンジを続けていきます。