株式会社 本田技術研究所の『【社会人経験3年未満対象(バッテリー開発未経験歓迎)】リチウムイオンバッテリー研究開発』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

【社会人経験3年未満対象(バッテリー開発未経験歓迎)】リチウムイオンバッテリー研究開発

========================

リモート面接を実施中です

========================

※電池開発未経験者歓迎求人です。
電池の開発に携わりたい、熱い想いがある方など、是非ご応募ください。

Honda全製品(eVTOL・四輪・二輪)を対象としたパワーユニット向けバッテリー開発、バッテリーを通じたエネルギーに関する社会課題の解決を共にしてみませんか?

【募集の背景】
10年後も20年後もその先も、より多くの人々に「喜び」を提供するために、日々進化をし続けるHonda。今後も、さらなるイノベーションを巻き起こすため、社内外からも英知を結集し、これまでにない新しいPowered by Hondaをつくりあげます。

社会が多様化する中、自動運転システムや知能化(AI)技術、電動化(HEV, PHEV, BEV,FCV)技術の進化に伴い、ヒトとモビリティの関係性やそれを取り巻くビジネスが大きく変わろうとしています。
そんな中、Hondaらしい「自由な移動の喜び」をお客様に提供し続ける為には、技術の進化をふまえたイノベーティブな進化が必要です。
従来の価値観にとらわれず、モビリティの新しい可能性を探究し続け社会に役立つ次世代のモビリティを一緒に創ってみませんか。

【職務内容】
■材料・インテリジェンス
・電池材料(正負極活物質、電解液・添加剤、セパレータ)の選定や検証
・新規材料によるセルの最適設計検討 
・セル特性評価(性能・構造・安全性)とメカニズム解析
・パイロットラインによる実セル試作と量産プロセス検証
・量産プロセスデータ、商材利用時のビッグデータ活用技術探索
・電池劣化診断アルゴリズム、電池寿命予測アルゴリズムの研究
・マテリアルインフォマティクス、機械学習または統計モデルによる最適電池設計の研究
・電池性能シミュレーションモデリング技術の研究
・電池リサイクル技術の研究
※北米・中国等各地域における現地開発支援のため、海外出張および駐在が発生する可能性がございます

※専門性や適性、会社ニーズなどを踏まえ、会社が定める業務への配置転換を命じる場合があります。

【開発ツール】※ミッションにより異なります
・設計・解析ツール:CATIA V5、各種CAEツール 等
・シミュレーションツール:(1D ) GT-Suite,Amesim等、(3D) Abaqus等
・評価・計測ツール:充放電装置、インピーダンス、電池材料解析装置、LabVIEW等
・電池試作ツール:混錬装置、塗工装置、積層装置 等
・HILS関連ツール:Matlab, Simulink

【業務の魅力】
既存の事業レンジにとらわれないHonda Mobile Power Packやリチウムイオン電池、また運用・管理のためのソフトウェア技術の開発などを通して、モビリティだけではなくエネルギーに関する社会課題の解決を目指す職種であり、ホンダとしても今後注力する領域の技術開発を担っていただきます。
Hondaのカーボンニュートラル化に向けた重要技術であるリチウムイオンバッテリーは四輪のみならず、二輪、パワープロダクツ、新モビリティ等にも使われるため、幅広い製品に携わることが出来ます。
【現場社員の声】
①26歳(キャリア入社1年目、自動車メーカー出身・機械設計)
「大学院では耐熱鋼の寿命評価に関する研究、前職では自動車用トランスミッションの設計をしていました。前職と今の仕事の専門分野が全く異なりますが、未来のHondaモビリティに必要不可欠な電池の開発に、ゼロから携われるチャンスに魅力を感じ、応募しました。また、大学院で材料の分析、解析に関する研究をしており、知識が活かせるかもしれないとカジュアル面談で話になったことも、応募の後押しとなりました。
入社後は、電池の評価に必要な試験装置の設計から電極試作、材料評価に至るまで幅広い研究開発に携わっています。電池開発の知識経験は無く、不安もある中での入社でしたが、周囲の若手は電池開発の未経験者が多いため、助け合いながら成長を実感できる環境です。年上のキャリア採用の方は他社で経験を積んだ方が多く、日々の業務の中で深い専門性を身につけることができます。社内で電池の量産から解析・リサイクルに至るまで、幅広い研究を行っており、将来的に電池の研究開発経験を活かして幅広いキャリアアップの道があるのも、本ポジションの魅力です。LIBの開発はHondaにとっても経験の無いことであり、これからのHondaを支えるバッテリー開発にゼロから携われることにとても大きなやりがいを感じています。

②29歳(キャリア入社1年目、リサイクル企業出身・化学)
「前職では金属リサイクルの技術開発を担当していましたが、カーボンニュートラルという大きな課題に向けてこれまでに培った化学の知識を活かし、リチウムイオン電池の研究開発に携わりたいと考えてHondaに入社しました。
入社後はリチウムイオン電池の開発業務を担当し、異なる電池材料を選定し組み立てからテストまでの工程で電池性能を検証しています。これにより、広範な電池設計や評価の実務経験を積むことができます。
業務の推進においては、上司や関連メンバーと協力し合い、課題の解決を進めていますので、確実にスキルを身につけることができます。さらに、自ら提案し、やりたいことにチャレンジさせてくれる文化がありますので、新たな知識や経験、キャリアを築くことが可能です。
また、様々なバックグラウンドを持つキャリア入社の方も多く、自由な議論を通じて異なる領域の知識を得ることも大きな魅力です。」

【職場環境・風土】
「買う喜び、売る喜び、創る喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは数々の製品を創業から生みだし続けてきました。役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。

※Honda Mobile Power Packについては【こちら】
※「株式会社Gachaco」の設立については【こちら】
※Gachaco PR Movie【YouTube動画】
※Honda Technology Newsは【こちら】
※Hondaのキャリア採用募集職種一覧は【こちら】

勤務地

●本田技術研究所
栃木県芳賀郡芳賀町大字下高根沢4630
埼玉県和光市中央1-4-1

※将来的な転勤の可能性はございます。
※業務上の事情により国内外の事業所(子会社及び関連会社を含む)への異動、または出向・派遣を命じる場合があります。

※参考情報:宇都宮の暮らしについては【こちら】

応募資格

【求める経験・スキル】※以下、いずれかの業務経験を有する方。
●材料開発の経験 (材料化学、電気化学などの知識)
※大学・大学院での研究経験も含む
●金属もしくは樹脂を用いた機械設計経験
※機械エンジニアから材料エンジニアへの転身も可能です。

【求める人物像】
●Hondaフィロソフィーに共感いただける方
●電池開発に強い想いを持って取り組める方
●研究開発において、高い主体性とリーダーシップを発揮できる方
●夢を持ち、高い目標を掲げてやりきるエネルギーのある方
●自分の考えを発信し、周囲を巻き込んで課題解決の最良手段を見出せる方

待遇

Hondaの福利厚生制度は「自助努力と相互扶助」を原則とし、
安心して生活でき、仕事に集中できる環境をつくることを目的にしており、
社員一人ひとりの多様なライフスタイルを支えています。

■想定年収
450万~1000万円
※給与は経験・能力を考慮の上決定します。

■福利厚生(受動喫煙防止措置含む)について詳しくはこちらをご覧ください。

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社 本田技術研究所

栃木県芳賀郡芳賀町、埼玉県和光市 化学・素材・バイオの研究開発・応用研究 ( 化学・素材・バイオ系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

輸送用機器の研究開発 ※(株)本田技術研究所は、本田技研工業(株)の研究・開発部門が分離・独立した会社です。

設立
1960年7月1日
資本金
74億円

Mission

本田技術研究所は、時代の変化を先取りした価値創造を行ってきました。Hondaを支えるドライビングフォースとして、新技術の基礎応用研究と技術開発、新価値商品の研究開発を通して、お客様の喜びの拡大にチャレンジしています。これからも世の中をリードする創造革新技術を創出していきます。

企業理念

Hondaフィロソフィーは、「人間尊重」「三つの喜び」から成る“基本理念”と、“社是”“運営方針”で構成されています。Hondaフィロソフィーは、Hondaグループで働く従業員一人ひとりの価値観として共有されているだけでなく、行動や判断の基準となっており、まさに企業活動の基礎を成すものといえます。 Honda は「夢」を原動力とし、この価値観をベースにすべての企業活動を通じて、世界中のお客様や社会と喜びと感動を分かちあうことで、「存在を期待される企業」をめざして、チャレンジを続けていきます。