株式会社SUBARU の『[東京事業所]電動車用高電圧バッテリのセル・材料技術(バッテリーシステム開発部)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

[東京事業所]電動車用高電圧バッテリのセル・材料技術(バッテリーシステム開発部)

---------
●新型コロナウィルス対策実施中
選考を受けていただく方の安全を考慮し、WEB面接(リモート面接)を実施中です。
---------


【組織ミッション】
2030年、電動車の販売比率を40%にすることを目標としています。
SUBARUらしい電動車として、CO2削減に加え、安全性能、AWD性能、
動的質感を高めた商品開発を行っております。

【お任せする業務】
次世代電動車用バッテリパック目標性能を実現するための
電池・電池材料開発のリーダーとして、電池材料開発推進、
他部門・サプライヤとの交渉・セル性能だけでなく
原価・質量などを行い、ゆくゆくは電池セル開発全体を
マネジメントいただくことを期待しております。

【このポジションの魅力】
・電動車の基幹部品を担当することで、
今後の自動車業界における車両開発に欠かせないスキルを身に着けることができます。
・次世代電動車の実現に向けて自身の専門スキルを活かせるとともに、
他の専門技術部署や社外開発パートナーとの協業を通じて
幅広い技術を身に着けることもできます。
・業務の幅を広げ、自ら開発テーマを起案しチャレンジすることが可能です。

勤務地

[WEB面接実施中]
■東京事業所
東京都三鷹市
※三鷹駅又は武蔵境駅からバス10分
●敷地内禁煙(屋外喫煙可能場所あり)
☆リモートワークあり
https://www.subaru.co.jp/jinji/careers/family/mitaka1.html

応募資格

【必須要件】
下記いずれも必須
・自動車、電池メーカーにてリチウムイオン二次電池のセル設計の実務経験
・物理化学もしくは電気化学の専門知識

待遇

=============================
■雇用形態:正社員

■勤務時間 
フレックスタイム制、標準労働時間8H
標準労働時間帯
9:00~18:00(本社/SUBARU Lab/休憩1時間)
8:00~17:00(事業所/休憩1時間)

■休日・休暇 :年間休日121日
完全週休2日制/土日、GW、夏季休暇、年末年始休暇、
有給休暇※、特別休暇、慶弔休暇、産前産後休暇
育児休暇(子が満2歳到達後の4月末まで)、介護休業 
※有給休暇取得率:92.3%(2021年度実績) 

■処遇
・想定年収:430万円以上
※想定年収は、時間外手当30時間/月を含んだ例。
経験、能力を考慮の上、決定
※別途通勤手当、育児支援手当などあり
※年収事例 
★28歳 600万円/大卒、時間外手当(30時間/月)含む
★30歳 630万円/大卒、時間外手当(30時間/月)育児手当1人 含む
★32歳 740万円/大卒、時間外手当(30時間/月)育児手当1人 含む
★35歳 810万円/大卒、時間外手当(30時間/月)育児手当2人 含む
・賃金形態:月給制 月給214,100円以上
・通勤手当:会社規定に基づき支給
・時間外手当全額支給
・在宅勤務手当
・昇給:年1回
 賞与:年2回(2021年度実績5.2ヶ月)
・試用期間:2ヶ月  

■福利厚生
・退職金あり
・社会保険完備(健康/厚生年金/雇用/労災)
・寮、社宅あり
・公的資格取得・自己啓発(通信教育等)支援
・住宅預金、企業年金制度
・持ち株会制度
・財形貯蓄制度
・食堂施設
・カフェテリアプラン(住宅補助等選択可)
=========================

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社SUBARU

東京都三鷹市 機械・電気・電子の研究開発・応用研究 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

【自動車】自動車ならびにその部品の製造、修理および販売【航空宇宙】航空機、宇宙関連機器ならびにその部品の製造、販売および修理

創立
1953年(昭和28年)7月15日(創業:1917年(大正6年5月))
本社所在地
東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル
代表者
代表取締役社長 中村 知美
資本金
153,795 百万円(2022年3月31日現在)
従業員総数
16,961人(連結会社 合計36,910人)(2022年3月31日現在)

SUBARUのありたい姿へ ~笑顔をつくる会社~

2021年5月に行った中期経営ビジョン「STEP」の進捗報告を機に、従来、複数存在していた企業指針などを以下の3つに整理しました。経営理念は、「“お客様第一”を基軸に『存在感と魅力ある企業』を目指す」です。SUBARUが、お客様に提供する価値は、「安心と愉しさ」です。これも上記の経営理念と同時期に定めたものですが、時代や外部環境の変化に左右されない「SUBARUらしさ」を深化させ、SUBARUブランドをさらに高めていくためには必須の提供価値と認識しています。ありたい姿は「笑顔をつくる会社」です。これは2017年に株式会社SUBARUに社名変更した際に定めたものですが、SUBARUのお客様の振る舞いから教えられたことでもあります。 これらに基づいて、SUBARUを自動車事業と航空宇宙事業におけるグローバルブランドとして持続的に成長させ、中長期的な企業価値を向上させていきます。