株式会社 NTTデータMSEの『IoTサービス開発エンジニア(横浜)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

IoTサービス開発エンジニア(横浜)

【当社の特徴】
資本関係があるNTTデータ、Panasonic、DENSOの3社はもちろん、これまで継続的に取引をいただいている大手通信キャリアや完成車メーカー、流通業トップカンパニー等、名だたる企業と連携。
これらパートナーと同じ目線・立場で、開発における最先端の技術力を発揮し、豊かで安心できる生活スタイルの実現に取り組みます。

【採用背景】
携帯電話のiモード実装当初から開発を手がけてきた弊社は、長年培ったモバイル端末の知見と技術力で、クラウド時代にも競争力を発揮しています。
「Smart Life Community」をコーポレートビジョンとして掲げ、いろいろなモノが手軽にネットワークでつながる、豊かで安心できる生活スタイルの実現に取り組む弊社では、サービス開発体制をより強化するべく、将来の中核人材を募集いたします。

【仕事の概要】
本職種では、当社の強みである組み込み・クラウド双方の開発技術を活かし、
大手通信キャリア様と二人三脚でサービス開発を実施頂きます。
サービス開発実現に向けて、クライアント技術(Android/iOS、Unity等)や
サーバ・インフラ技術(Webアプリ、AWS等)を用いて、サービス提案を
しながらシステム開発を実現していきます。

【案件事例】
社会課題の解決、ライフスタイルの利便性向上に貢献するため、
AI・IoT・VR・ARなどの先端領域を含め、様々な技術を駆使しソフトウェアの開発を行います。

【入社者への期待】
今までのご経験を踏まえ、弊社にて先進技術やマネジメント力等のスキルを磨いて頂き、
将来的にはサービス開発を通じた、社会課題の解決や付加価値の創造に主体者として携わって頂く事を期待します。

勤務地

神奈川県横浜市神奈川区金港町

●事業所は屋内禁煙(屋内喫煙可能場所あり)だが、駐在者については、駐在先により異なる。

応募資格

新しい技術を身につけたい方、価値創造にチャレンジしたい方を歓迎します。

■必須
・ソフトウェア開発のご経験

■歓迎
・モバイル/スマホアプリ開発に関する知見
・リーダーの立ち位置で顧客折衝、プロジェクト推進をされたご経験

待遇

想定年収:
450万円~800万円

残業手当:
有 残業時間に応じて全額支給

通勤手当:
会社規定に基づき支給

昇給:
年1回

賞与実績:
年2回(4~6ヶ月分程度)

その他:
家族手当、住居手当、健康保険、厚生年金保険、
雇用保険、労災保険、厚生年金基金、退職金制度

福利厚生:
財形貯蓄制度、リゾート施設(保養所)利用、スポーツ施設利用、
各種クラブ活動(サッカー、野球、テニス、バスケット等)、
育児休業制度、介護休業制度 他

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

株式会社 NTTデータMSE

神奈川県横浜市 システムエンジニア(SE)・プログラマ ( IT・システムエンジニア・開発・運用系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

●IoTサービス:モノ・人・プロセス・データを「つなぐ」クラウドプラットフォーム、ビッグデータソリューション、ネットワークソリューションの提供、他●プロダクトサービス:モバイル端末、情報家電、複合機、医療検査機器等のソフトウェア開発、および開発支援サービスの提供●オートモーティブビジネス:車載プラットフォーム・車載機組込み開発、および開発支援サービス・車載機・スマートフォン連携ソリューションの提供

設立
1979年(昭和54年)7月5日
資本金
3億2000万円
人員
1,150名
本社所在地
〒222‐0033 神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目1番地9 アリーナタワー
事業所
新横浜(本社) 横浜 東京 大阪 札幌 名古屋
関連会社
NTT DATA 通信軟件工程(大連)有限公司 キャッツ株式会社
主要取引先
NTTグループ各社 Panasonicグループ各社 株式会社デンソー 他

MSE

NTTデータMSEは、1979年に松下電器(現・パナソニック)のシステム開発を担うグループ会社として設立され、お客様にMSEの愛称で親しまれてきました。 2008年にNTTデータが資本参加し、現在の社名に変更となりますが、その際、社名の略称であったMSEを残したいという想いと、NTTデータMSEの強みとこれから取り組む事業領域である「Mobile」「System」「Embedded」から、NTTデータMSEとしてスタートを切りました。 私たちは、モバイルサービス、情報家電サービス、オートモーティブサービスにおける組込み分野の経験や、これらのサービスを実現させるプラットフォーム、ネットワーク、社会インフラの構築経験で培ったノウハウを、NTTデータグループの強みとするクラウドサービスと融合させ、新たな価値を創造し、グローバルな視点でいろいろなものが手軽につながり、豊かで安心できる生活スタイルの実現に挑戦しています。