三菱電機株式会社 交通事業の『交通分野の変電所内に設置される各種設備の試験/検証、及び現地調整作業の取り纏め業務/交シ品【神戸製作所】』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

交通分野の変電所内に設置される各種設備の試験/検証、及び現地調整作業の取り纏め業務/交シ品【神戸製作所】

●部のミッション・ビジョン
監視制御技術、情報通信システム構築技術を駆使した高度な鉄道用地上システムを開発・市場投入し、社会インフラ基盤である鉄道の安全・安定輸送の実現に貢献する。

●採用背景
今後大規模変電プラント工事を計画しており、品質を第一として工事完遂に向け計画的に実行できる人材を募集いたします。

●業務内容
変電プラントの品質取り纏め業務、及び配電盤や電力変換器の設備に対する品質管理業務をお任せいたします。
具体的には、変電所に設置される配電盤に対する品質管理業務(試験計画・実施、現地調整)に携わる事で交通分野の設備機器における理解度を高めていただいた後、変電プラントの監理技術者として取り纏めを主業務として従事頂きます。

●キャリアステップイメージ
システムの新設や改造工事の試験を経験する事で、システムの実動作を実感して知見を深めて頂き、知見・経験を得た後は、試験計画・品質管理を主としたプロジェクトリーダーとして活躍頂きます。

●業務の魅力
生活にとって非常に重要な社会インフラとなる「交通」に関する業務は難易度も高く、業務完遂により非常に高い達成感を得る事ができます。
・お客様と連携した製品開発となる場合もあり、お客様と共に物を作り上げる楽しさを経験する事ができます。

【リクナビNEXT会員ならスムーズに応募できます】

勤務地

兵庫県神戸市

●敷地内禁煙(屋内喫煙可能場所あり)

応募資格

●必須
・変電プラント監理業務経験のある方

●歓迎
・受変電・配電関係の設備における設計や品質管理に携わった経験がある方

待遇

【勤務条件】
■雇用形態:正社員
■試用期間:3ヶ月(試用期間中の労働条件変更無)
■賃金形態:月給制
■月給:23万円~
■想定年収:350万円 ~ 750万円(経験・役割等による)
■残業手当:有(残業時間に応じて支給。深夜勤務、休日手当は別途支給有。)
■賃金改定:年1回(4月)
■賞与:年2回(6月・12月)
■退職金:有
■社会保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
■各種手当:通勤手当(会社規定に基づき支給)、扶養手当、外勤手当、など

【就業時間】
■就業時間:
8:30~17:00または8:45~17:15(神戸地区)
■所定労働時間:7時間45分(休憩45分)
■フレックスタイム制:有
■コアタイム:
12:45~14:45または13:00~15:00(神戸地区)

【休日】
■年間休日:126日(2019年度実績)
 ※内訳:土曜/日曜/祝日、GW、夏季、年末年始など(会社カレンダーに準じる)
■年次有給休暇:20日~25日
 ※入社時より付与。付与日数は入社日により変動(4~20日)。
■その他:チャージ休暇2~4日(30歳、40歳、50歳到達年)、産休・育休制度あり

【その他】
■福利厚生:寮、社宅、家賃補助制度、財形貯蓄、住宅融資、社員持株会、
社員互助会、保養所、契約リゾート施設、スポーツ施設、資格取得支援など

求人企業の応募フォームに直接応募できます

三菱電機株式会社 交通事業

兵庫県神戸市 機械・電気・電子の生産・品質管理・検査関連 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

エレクトロニクス、エネルギー、宇宙、通信、家電、半導体など、あらゆる電気機器の開発・製造・販売 ※三菱電機はホームエレクトロニクスから通信機器、プラントなどの多彩なインフラ、さらに国家プロジェクトの宇宙開発関連機器に至るまで、幅広い分野を網羅している総合電機メーカーです。先端分野で培った様々な技術を融合させて、より快適な社会、新しい時代を切り拓くために、常に挑戦し続けています。

設立
1921年1月15日
本社 所在地
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
伊丹製作所 所在地
兵庫県尼崎市塚口本町八丁目1番1号
代表者
杉山武史
資本金
175,820百万円

技術の総合力で、世界市場へ加速

現在、世界39ヵ国に関係会社を150社以上有しており、社員はグループ全体で13万人以上に上ります。 1921年の創業以来、新しい価値の創造に取り組んできた三菱電機は、今、国内のみならず、海外市場において、売上を拡大し続けています。 遅くとも2020年までには、全世界での売上高5兆円以上の達成を目標としており、そのうち約半分は海外売上となる見込み。 技術力と12のコア事業を武器に、世界の三菱電機として、社会課題の解決に取り組んでいきます。 それを実現するのは、これまで三菱電機が培ってきた技術ノウハウと、新しく仲間となってくださる方が生み出す総合力です。