三菱電機株式会社 電力・産業システム事業の『電力保護/監視制御装置の設計【系統変電システム製作所】』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

電力保護/監視制御装置の設計【系統変電システム製作所】

国内/海外の電力会社、および、一般産業(工場、ビル、電鉄等)向けの保護リレーシステムの設計業務に携わっていただきます。
お客様(主に電力会社)のご要望に対し、一品一様の最適なシステムを提案していくポジションです。

■具体的には
・システム提案
・見積り
・仕様打ち合わせ、仕様書作成
・試験仕様書作成
・各種技術支援 
・取り纏め業務 ・・・等

そのほか、他部門と協力し、以下についてもお任せします。
・受注戦略検討(営業部門と協力)
・新機種開発(開発部門と協力)
・保守対応(品管部門と協力)

■キャリアイメージ
入社後は保護リレーシステムのハードウェア、ソフトウェアの基礎を
OJTおよびOffJTで習得いただいた後、
お客様との仕様打合せに参画し、仕様決定から製品反映を
システム設計者として取り纏めいただきます。
その後希望と適性により、将来リレーのシステム検討や共同研究、
新機種開発のプロジェクトリーダーなど経験いただけます。

■このポジションの魅力
・公共事業であり、送電線の落雷等の際に系統を保つ、社会を支える仕事です。
・安定的な利益を保っている製品のため、開発のための投資は惜しみません。
・開発部門と協力し、今はない未来の当り前となるシステムを作り出すこともできます。
・仕様調整からお客様に入りこむため、「自身が設計した」と誇れる製品を世に出すことができ
それが使われている喜びを目で見て感じる機会があります。

勤務地

兵庫県神戸市

応募資格

■いずれも必須 ※異業界、異製品のご経験を歓迎します。
・電気電子、制御、情報系のバックグラウンド
・設計、技術営業等の職種のご経験
・メーカーでのご経験

■歓迎
・C言語の使用経験
・取り纏め業務のご経験
・顧客との仕様検討のご経験

待遇

【勤務条件】
■雇用形態:正社員
■試用期間:3ヶ月(試用期間中の労働条件変更無)
■賃金形態:月給制
■月給:23万円~
■想定年収:350万円 ~ 750万円(経験・役割等による)
■残業手当:有(残業時間に応じて支給。深夜勤務、休日手当は別途支給有。)
■賃金改定:年1回(4月)
■賞与:年2回(6月・12月)
■退職金:有
■社会保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
■各種手当:通勤手当(会社規定に基づき支給)、扶養手当、外勤手当、など
■賃金形態備考:
採用時の職位により裁量労働制(企画型/専門型)の適用可能性あり
 ※みなし労働時間 1日7時間45分
 ※残業手当無し(法定休日勤務及び深夜勤務については別途手当支給)

【就業時間】
■就業時間:
8:30~17:00または8:45~17:15(神戸地区)
■所定労働時間:7時間45分(休憩45分)
■フレックスタイム制:有
10:30~14:45または10:45~15:00(神戸地区)

【休日】
■年間休日:125日(2017年度実績)
 ※内訳:土曜/日曜/祝日、GW、夏季、年末年始など(会社カレンダーに準じる)
■年次有給休暇:20日~25日
 ※入社時より付与。付与日数は入社日により変動(4~20日)。
■その他:チャージ休暇2~4日(30歳、40歳、50歳到達年)

求人企業の応募フォームに直接応募できます

三菱電機株式会社 電力・産業システム事業

兵庫県神戸市 制御設計・開発 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

エレクトロニクス、エネルギー、宇宙、通信、家電、半導体など、あらゆる電気機器の開発・製造・販売 ※三菱電機はホームエレクトロニクスから通信機器、プラントなどの多彩なインフラ、さらに国家プロジェクトの宇宙開発関連機器に至るまで、幅広い分野を網羅している総合電機メーカーです。先端分野で培った様々な技術を融合させて、より快適な社会、新しい時代を切り拓くために、常に挑戦し続けています。

設立
1921年1月15日
本社 所在地
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
代表者
杉山武史(2018年4月1日就任)
資本金
175,820百万円

技術の総合力で、世界市場へ加速

現在、世界39ヵ国に関係会社を150社以上有しており、社員はグループ全体で13万人以上に上ります。 1921年の創業以来、新しい価値の創造に取り組んできた三菱電機は、今、国内のみならず、海外市場において、売上を拡大し続けています。 遅くとも2020年までには、全世界での売上高5兆円以上の達成を目標としており、そのうち約半分は海外売上となる見込み。 技術力と12のコア事業を武器に、世界の三菱電機として、社会課題の解決に取り組んでいきます。 それを実現するのは、これまで三菱電機が培ってきた技術ノウハウと、新しく仲間となってくださる方が生み出す総合力です。