三菱電機株式会社 本社等の『【2/6(月)正午応募締切】2/18(土)SWエンジニア合同選考会【全社合同】』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

【2/6(月)正午応募締切】2/18(土)SWエンジニア合同選考会【全社合同】

●三菱電機複数事業所での合同選考会となります。
ご応募いただいたご経歴を複数の事業所で書類選考
させていただき、応募者様に関心をもった全ての
事業所の面接を同日にさせていただく企画となります。
※どの事業所が面接を希望するかのオファーは選考会
 直前となる旨ご容赦ください(ご希望も確認させて
 頂きます)

●選考会内容
AM:会社説明・求人説明(任意参加)
PM:面接
※面接は複数の事業所・ポジションで実施の可能性が
 あります。その場合、一日に複数回の面接をお願い
 する場合がある旨ご了承ください。

●選考ステップ
2/6(月)正午 応募締め切り

選考会参加への書類選考結果ご連絡(随時)

2/16(木)選考部門・面接時間ご案内

2/18(土)面接(複数部門面接の場合あり)

選考会通過→後日各事業所での最終面接
(選考回数は変更になる場合がございます)

●選考事業所例
・本社(東京)
・先端総合研究所(兵庫)
・静岡製作所(静岡)
・名古屋製作所(愛知)
・福山製作所(広島)
他複数の事業所が参加予定

※必ずしもご希望の事業所での選考とはなりませんが、
 書類選考を通過した全ての製作所と同日ご面接頂き
 ます。
※面接させていただきたい事業所のご案内は2/16(木)
を予定します。ご希望の事業所との面接が
 叶わない場合は本社人事にて最適なポジションを
 検討するマッチング面談を選択頂くことも可能です。

勤務地

東京都・静岡県・愛知県・兵庫県・広島県

応募資格

●必須の経験
以下いずれかのご経験をお持ちの方
・SW開発のご経験(業界不問)
・SWの品質管理・品質保証経験をお持ちの方
・通信・セキュリティーなどシステム関連の開発経験
 をお持ちの方。
※今回はSW関連・システム関連の技術をお持ちの
 エンジニアを幅広く募集いたします。

待遇

【勤務条件】
■雇用形態:正社員
■試用期間:3ヶ月(試用期間中の労働条件変更無)
■賃金形態:月給制
■月給:23万円~
■想定年収:350万円 ~800万円(経験・役割等による)
■残業手当:有(残業時間に応じて支給。深夜勤務、休日手当は別途支給有。)
■賃金改定:年1回(4月)
■賞与:年2回(6月・12月)
■退職金:有
■社会保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
■各種手当:通勤手当(会社規定に基づき支給)、扶養手当、外勤手当、など

【就業時間】
■就業時間:8:30~17:00
■所定労働時間:7時間45分(休憩45分)
■フレックスタイム制:有
■コアタイム:10:30~14:45

【休日】
■年間休日:126日(2019年度実績)
 ※内訳:土曜/日曜/祝日、GW、夏季、年末年始など(会社カレンダーに準じる)
■年次有給休暇:20日~25日
※入社時より付与。付与日数は入社日により変動(4~20日)
■その他:チャージ休暇2~4日(30歳、40歳、50歳到達年)

【その他】
■福利厚生:寮、社宅、家賃補助制度、財形貯蓄、住宅融資、社員持株会、社員互助会、保養所、契約リゾート施設、スポーツ施設など

求人企業の応募フォームに直接応募できます

三菱電機株式会社 本社等

東京都東京都・静岡県・愛知県・兵庫県・広島県 他 システムエンジニア(SE)・プログラマ ( IT・システムエンジニア・開発・運用系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

エレクトロニクス、エネルギー、宇宙、通信、家電、半導体など、あらゆる電気機器の開発・製造・販売 ※三菱電機はホームエレクトロニクスから通信機器、プラントなどの多彩なインフラ、さらに国家プロジェクトの宇宙開発関連機器に至るまで、幅広い分野を網羅している総合電機メーカーです。先端分野で培った様々な技術を融合させて、より快適な社会、新しい時代を切り拓くために、常に挑戦し続けています。

設立
1921年1月15日
本社 所在地
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
代表者
漆間 啓 (2021年7月28日就任)
資本金
175,820百万円

技術の総合力で、世界市場へ加速

現在、世界39ヵ国に関係会社を150社以上有しており、社員はグループ全体で13万人以上に上ります。 1921年の創業以来、新しい価値の創造に取り組んできた三菱電機は、今、国内のみならず、海外市場において、売上を拡大し続けています。 遅くとも2020年までには、全世界での売上高5兆円以上の達成を目標としており、そのうち約半分は海外売上となる見込技術力と12のコア事業を武器に、世界の三菱電機として、社会課題の解決に取り組んでいきます。 それを実現するのは、これまで三菱電機が培ってきた技術ノウハウと、新しく仲間となってくださる方が生み出す総合力です。