三菱電機株式会社 研究開発部門の『【尼崎/WEB面接可】半導体パワーモジュールの要素技術・製品化開発【先端技術総合研究所】』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

【尼崎/WEB面接可】半導体パワーモジュールの要素技術・製品化開発【先端技術総合研究所】

====
<新型コロナウィルス対策実施中>
選考を受けていただく方の健康面を考え、希望者にはWEB面接を実施中です。
弊社へお越しいただく場合は、マスク着用やソーシャルディスタンスの確保、関係者の手指消毒の徹底等、安全面に十分に配慮してお待ちしております。
====

●採用背景
先端技術総合研究所は当社グループの最先端技術の研究開発拠点として、事業を支える基盤技術から次世代製品やサービスの技術開発、将来の新事業の芽となる研究開発を推進することをミッションとしております。

当社インフラ事業領域においては少子高齢化やインフラの老朽化を背景にソサエティ5.0に代表されるAI・IoTを活用した生産性向上や省人化等、新たなニーズが生まれてきております。社会・顧客からのニーズに先端技術を活用してお応えするため、今回は当社の事業を支える半導体パワーモジュールの要素技術・製品化開発に関する研究開発をお任せする方を募集いたします。

★先端技術総合研究所について
https://www.mitsubishielectric.co.jp/saiyo/graduates/philosophy/place/point/

●業務内容
パワーモジュールの信頼性に関わる設計技術構築と検証(構造・熱・絶縁)をお任せします。具体的には以下となります。
1.パワーモジュールの構造開発(設計・試作・評価検証)
2.信頼性に関する設計技術構築(寿命設計、統計的解析)
※一人当たりの担当案件数についてはこれまでの経験や期待する役割に応じて決定しますが、概ね数件を担当頂くことを想定しています。
※研究開発においては、事業化計画に沿った製品化に対応するために製作所と連携した製品化開発から、将来を見据えて海外(フランス)研究拠点や大学とも連携した要素技術開発などがありますが、様々な要素技術を組み合わせてパワーモジュールを仕上げる必要があるので、様々な部門/組織と連携して研究開発を推進しています。
※密接に関わりのある製作所としては、パワー素子、モジュールを扱っているパワーデバイス製作所、自動車用電動化製品を扱っている姫路製作所、鉄道用車両電機品を扱っている伊丹製作所などがあります。

<研究事例>
・パワーモジュールの接合部での信頼性設計技術
https://www.giho.mitsubishielectric.co.jp/giho/pdf/2017/1707107.pdf

・6.5kVフルSiC
https://www.giho.mitsubishielectric.co.jp/giho/pdf/2017/1707105.pdf

・高温動作パッケージ構造
https://www.giho.mitsubishielectric.co.jp/giho/pdf/2018/1803104.pdf


●業務の魅力
・今後急拡大が見込まれるパワーデバイス・モジュール市場に対して、新しい付加価値技術や製作所を支える基盤技術強化を通じて、世界のお客様に高信頼・高機能なパワーモジュールを供給し、脱炭素社会実現の一翼を担うことができます。

●キャリアステップイメージ
・研究所での開発業務を3年以上経験することを想定しております。以降のキャリアについては本人希望や事業環境も踏まえて、製作所も含めて活躍の場を検討します。

●在籍社員の声
========================================================
・新卒入社/30代/研究開発
パワーモジュールの小型化と高信頼化に向けた技術・構造開発を担当しています。
技術提案し関係者で進め方を相談、という仕事の進め方ですが、個人の裁量範囲が広いのが特徴と思います。
そのためうまく行った際は達成感を感じることができますし、
時として進め方等に迷った場合にも、困りごとを相談しやすい職場環境です。
課内は、人間関係・風通し良好で、発言・相談しやすいのが特徴と感じます。
また、自身の都合に合わせて在宅勤務や休暇が取りやすいのも、気に入っている風土の一つです。
========================================================

========================================================
・新卒入社/30代/研究開発
次々世代の製品へ搭載するための先行技術の開発に取り組んでいます。
具体的にはパワー半導体の回路シミュレーション、実機評価やゲートドライバの設計開発を行っており、
製作所の担当者の意見を取り入れながら、将来の製品価値向上、コスト低減を目指して開発を進めています。
海外の研究所の知見なども活用し、先行技術のベンチマークから製品適用を目指したコンセプト決定、
開発方針の策定などをすべて担当でき、技術開発に対する個人の裁量範囲は大きいです。
開発の際に自力では対処の難しい技術範囲などは部内で連携して仕事を進めており、
裁量とサポートのバランスが取れた良い職場だと思います。
========================================================


★三菱電機のパワーエレクトロニクスについて
https://recruiting-site.jp/s/mitsubishi-amg/5687


★三菱電機㈱ 開発本部 中途採用サイト
https://progres02.jposting.net/pgmitsubishielectric/u/job.phtml?randd_code=7&_ga=2.208481042.1820034685.1615895685-1715661087.1611222825

※面接方法に関しまして
ご希望の場合、1次面接はWEBでの面接が可能です。
最終面接については、個別にWEB面接実施を検討いたします。

勤務地

兵庫県尼崎市塚口本町
※JR猪名寺から15分

●伊丹地区は敷地内禁煙(屋内喫煙可能場所有)だが製作所により異なる

応募資格

●必須
以下いずれかのご経験をお持ちの方
・熱・構造力学を用いた機械設計
・電気・電子回路設計
・制御設計

●尚可
・プロジェクトマネジメントまたはリーダー経験
・特許出願経験
・実務での英語使用経験

●求める人物像
・様々な課題や困難に対しても前向きに取り組むことができる方
・誠意と真摯さをもって対人応対ができる方

待遇

【勤務条件】
■雇用形態:正社員
■試用期間:3ヶ月(試用期間中の労働条件変更無)
■賃金形態:月給制
■月給:23万円~
■想定年収:400万円 ~ 1,000万円(経験・役割等による)
■残業手当:有(残業時間に応じて支給。深夜勤務、休日手当は別途支給有。)
■賃金改定:年1回(4月)
■賞与:年2回(6月・12月)
■退職金:有
■社会保険:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
■各種手当:通勤手当(会社規定に基づき支給)、扶養手当、外勤手当、など

【就業時間】
■就業時間:8:30~17:00
■所定労働時間:7時間45分(休憩45分)
■フレックスタイム制:有(コアタイム11:15~14:00)

【休日】
■年間休日:126日(2018年度実績)
 ※内訳:土曜/日曜/祝日、GW、夏季、年末年始など(会社カレンダーに準じる)
■年次有給休暇:20日~25日
 ※入社時より付与。付与日数は入社日により変動(4~20日)。
■その他:チャージ休暇2~4日(30歳、40歳、50歳到達年)

【その他】
■福利厚生:寮、社宅、財形貯蓄、住宅融資、社員持株会、
社員互助会、保養所、契約リゾート施設、スポーツ施設など

求人企業の応募フォームに直接応募できます

三菱電機株式会社 研究開発部門

兵庫県尼崎市 機械・金型設計 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

エレクトロニクス、エネルギー、宇宙、通信、家電、半導体など、あらゆる電気機器の開発・製造・販売 ※三菱電機はホームエレクトロニクスから通信機器、プラントなどの多彩なインフラ、さらに国家プロジェクトの宇宙開発関連機器に至るまで、幅広い分野を網羅している総合電機メーカーです。先端分野で培った様々な技術を融合させて、より快適な社会、新しい時代を切り拓くために、常に挑戦し続けています。

設立
1921年1月15日
本社 所在地
東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビル
代表者
漆間 啓(2021年7月28日就任)
資本金
175,820百万円

求める人材

世界に誇る技術力を擁し、社会を構成するさまざまな分野において無くてはならない技術を生み出してきた三菱電機。同社の中で技術開発の中枢を担い、最先端の技術で三菱電機の成長を支えているのが研究開発部門です。コーポレートステートメント“Changes for the Better”が示す通り、常により良いものを目指して変革していくために、三菱電機はさまざまなバックボーン、さまざまな価値観を持った多様な人材の採用に取り組んでいます。