マツダ株式会社の『11月3日(土)大阪開催/IT部門選考会【エンジニアリング領域】』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

11月3日(土)大阪開催/IT部門選考会【エンジニアリング領域】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
IT部門選考会
※この選考会にて面接を実施し内定の可否判断も致します

■【当日プログラム】所要時間:約2時間を予定
・会社概要説明/30分
・面接/60分
・会場:大阪駅周辺を予定

※詳細な場所、時間に関しては書類通過者の方に
 個別にご連絡させて頂きます。

■応募にあたり
参加希望の方は、10/22(月)12:00までにエントリー下さい。
書類選考をさせて頂き、ご参加頂く方への当日の詳細は
10/29(月)までにご連絡致します。
参加ご希望の方は、こちらのページ下部の
「この職種に応募する」からエントリーください。
(こちらから別ポジションを打診させて頂く場合もございます)

■募集職種 
PLMアプリケーション基盤開発(社内ITシステム)※PLM:Product Lifecycle Management

以下の業務内容も確認の上、エントリーください。

※通常の募集も行っております
 通常選考希望の方は、各領域の募集ページから応募ください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■職務内容■
【募集の背景】
 マツダは業界内でも先駆けてMBD(モデルベース開発)など、
 開発のデータ化を進めており、近年、クルマの商品開発プロセス
 において生成されるデータが飛躍的に増加しています。
 お客様の要求を満たす良いクルマを、
 より早く・高い品質で市場に投入するために
 企画~量産までの膨大なエンジニアリングデータの
 更なる活用を推進すべく、現在、業界でもチャレンジとなる
 「統合型PLMシステム」の企画構築を目指しています。
 これまでのシステムは情報の種類毎に管理されており、
 データ種類毎のシステムは既にほぼ完成されていますが、
 今後、横串で、統合的・横断的なシステムの構築を企画立ち上げすべく、
 外部から人財をお招きしたいと考えております。

【業務内容】
 統合型PLMシステムの企画構築
 構想検討から運用保守に至るまで一貫して担当頂きます。
 商品開発プロセスで使われるエンジニアリング関連システムは
 主に以下となります。

 <商品開発業務支援システム例>
  日程進捗管理、投資管理、工数管理、技術文書管理、設計基準管理、
  生産基準管理、新商品育成管理、設計図面管理、技術情報分析管理、
  コスト開発管理 他
 
【仕事の進め方】
 組織内では図面(CADデータ)、部品構成(部品表データ)、その他情報
 を扱うチームに分かれており、各チームのリーダーが
 横串横断のプロジェクトを兼務で担当しております。
 グローバル横断プロジェクトになりますが、
 開発機能はほぼ広島に集約されている為
 業務で英語を求められるシーンは頻繁には発生しません。
 フェーズは主に構想検討~要件定義~基本設計が中心です。

【やりがい】
★場合によってはゼロから立ち上げる企画などもあるため、
 これまでのご経験を活かして、
 企画・プランニング業務に挑戦したい方にはお勧めの環境です。

★自動車メーカーとしては規模はそこまで大きくないため、
 一人ひとりの裁量が広い職場です。
 「グローバルに」「最上流の企画やプランニング含め」
 「裁量をもって」仕事に打ち込める環境です。
 また規模が大きすぎるとシステムが複雑になるすぎるため
 実現が困難ですが、マツダくらいの規模でこそ挑戦できる取組とも言えます。

★自動車業界ではまだ完成されていない、
 コンセプトはあるが実現は難しいシステムで
 究極の摺合せと言える業界初の統合型PLMシステムの企画構築に
 携わることができます。
 また開発に接点のあるシステムなので、次世代のクルマの情報などの
 最新動向にも関わることができる点も魅力です。

【組織風土】
・マツダのクルマづくりにおける一貫した信念、それは、常識や限界に
 とらわれることなく、徹底的にやり抜くこと。
 挑戦の積み重ねは、マツダのDNAとなっています。
 誰もがあきらめていた「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」
 を両立させた「SKYACTIV TECHNOLOGY」、商品競争力を高める
 フレキシビリティと、ボリューム効率を高めるコモナリティを両立
 する「モノ造り革新」等、マツダのクルマは、多くの常識を超えた
 挑戦の結果生み出されたものです。
 クルマは単なる移動手段ではなく、人生においてかけがえのない
 存在であって欲しい。そんなこだわりやモノ作りに共感頂ける方の
 応募をお待ちしています。

・マツダは、「最大の経営資源は人である」と考え、どこよりも「人」
 がイキイキしている企業を目指しています。その実現のため、国内・
 海外のマツダグループ社員全員で共有する、「Mazda Way」
 を軸とした人づくりを進めるとともに、「人」の成長と活躍を支える
 基盤として、 人事制度「とびうお」を設定しています。
  マツダらしい人事制度である「とびうお」は、社員一人ひとりが
 最大限の力を発揮できるように、最適な仕事や環境を提供するものです。
 具体的には、「選択と自己実現」「ワークライフバランスの促進」
 「人・仕事・処遇の最適なマッチング」という3つの柱に基づく
 さまざまな施策を展開しています。

***********************************************
◆キャリア採用サイトはコチラ◆
社員インタビュー、開発秘話など、各種情報を掲載しております。
また「広島での暮らし」についてもご紹介しております。
詳しくは【コチラ】をご覧ください。

◆キャンペーンサイトを開設しました◆
異業界の方や、あまりマツダについて知らない方に向けて、
当社の想いを込めた企業紹介ページをつくりました。
是非、【コチラ】をご覧ください。

※その他の募集職種一覧は【コチラ】をご覧ください。
***********************************************

勤務地

本社/広島県安芸郡府中町新地3-1
※U・Iターン歓迎。独身寮(家賃月2万円)を完備しています。
※赴任時の引越し費用・交通費は、当社規定により支給します。

応募資格

■必須
・何らかのエンジニアリング支援システムの企画・開発・保守等の
 実務経験(3年以上)
※利用言語や開発環境は不問です。

(例)CAD、CAE、BOM、原価管理、開発日程管理、技術文書管理システムなど
 上記に記載のあるようなシステムであれば広く可能性を検討させて頂きます。

■歓迎(経験・知識面)
・製造業における情報システム化の経験
・プロジェクト進捗管理に関するシステム化の知識
・開発支援システム(設計や解析等の各種システム)
・部品表や部品構成に関するシステム化の知識
・製品開発における各種技術報告書に関するシステム化の知識
・社内のシステム利用部門との折衝経験
・様々なIT業種ベンダー様との交流経験
・プロジェクトマネジメント系の資格
・情報処理系の資格

■歓迎(ポータブルスキル)
・業務・問題分析能力
・論理的思考

待遇

●契約期間 期間の定めなし:正社員
●試用期間 試用期間あり(3か月)
●勤務時間 9:00~17:45(休憩45分)
フレックスタイム制(コアタイムなし)※標準労働時間/1日8時間
●休日・休暇 週休2日制(当社カレンダーによる)、年次有給休暇(半日有給制度有) 
※年数回土曜・祝日出社有り、年間休日121日(GW・夏季・年末年始等)
●時間外労働 あり(時間外手当支給)
●給与 月給20万円以上※経験・能力を考慮し優遇
※想定年収 400万円~800万円 ※経験・能力を考慮し優遇
※昇年1、賞年2、通勤費支給、各社保(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金)完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など
●雇用者名 マツダ株式会社

求人企業の応募フォームに直接応募できます

マツダ株式会社

広島県9:00~17:45(休憩45分) 個別面談会 ( セミナー )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

乗用車・トラックの製造、販売等 ■革新的技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品を続々と発売。マツダが生み出す数々のクルマは高く評価され、国内外で数々の賞を受賞しています。「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高い次元で両立させたクルマで、人々に感動を提供します。

設立
大正9年(1920年)1月30日
資本金
2,589億5,709万6,762円
本社
〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1
代表者
代表取締役 社長兼CEO 小飼 雅道
従業員数
単体 男性: 19,424名 女性: 1,854名 合計: 21,278名(出向者を含む) 連結 合計: 40,892名

コーポレートビジョン

私たちはクルマをこよなく愛しています。 人々と共に、クルマを通じて豊かな人生を過ごしていきたい。 未来においても地球や社会とクルマが共存している姿を思い描き、 どんな困難にも独創的な発想で挑戦し続けています。 1. カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します。 2. 地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供します。 3. 挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な“道(どう)”を極め続けます。