京セラ株式会社の『■工場の安全衛生管理業務』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

■工場の安全衛生管理業務

京セラは、ファインセラミックスを中心とする素材・部品メーカーとして1959年に京都で設立し、以降、半導体部品、電子部品や携帯電話、太陽光発電システムなど、事業領域を広げ、現在では、連結売上高1兆5,000億円を超えるグローバル企業へと成長し、世界30カ国以上に約230のグループ会社を有しています。

仕事内容
工場全体の安全衛生管理業務。・安全衛生に関するルールの策定と拠点への定着。・化学物質や製造部門の機械設備等の導入時の届出、維持管理の支援。・作業環境等に安全性の向上に関する業務。出張は殆どなく残業は月10~20時間程度。業務特性上、休日出勤も発生しますが頻度としては、発生しても月1~2回程度です。
応募資格
【必須】事業会社の工場・プラントなどで化学物質や安全衛生面を踏まえた機械設備の
    導入や管理経験
【歓迎】衛生工学衛生管理者等の経験者
募集背景
事業の拡大に伴い、各生産現場での設備導入などが多くなり、その設備の導入時の安全性の評価や導入後の維持管理状況のチェックを行い、評価した上で監督官庁に届出を行う業務や、生産現場にて新規の化学物質を使用する際のチェック評価を行い、物質によっては使用時の規制や管理を行うなどの生産現場における人、モノ、設備、作業環境をトータル的に管理を行う職場です。
この様に多くの知識と経験が必要になりますので、そのスキルを要した経験豊かな方を求めております。
部門の紹介
環境安全部は、施設部門、環境部門、安全防災部門で構成されており、工場などの生産スペースの確保やユーティリティの供給、排水処理や廃棄物処理、従業員の生産活動における安全確保などを行っている部門です。その中で、安全防災部門は、従業員が安全で安心して働ける職場環境作りを、製造部門に指導、支援を行う部門になります。工場の生産スペース確保/ユーティリティの供給/排水処理や廃棄物処理/生産活動における安全確保等を実施。
事業の拡大に伴い、各生産現場での設備導入などが多く なり、その設備の導入時の安全性の評価や導入後の維持管理状況のチェックを行い、評価した上で監督官庁に届出を行う業務や、生産現場にて新規の化学物質を使用する際のチェック評価を行い、物質によっては使用時の規制や管理を行うなどの生産現場における人、モノ、設備、作業環境をトータル的な管理ができる人材を募集しております。
各拠点で経験を積み将来的に京都本社で全社担当として活躍も可能です。
■当社の環境安全方針と目標
https://www.kyocera.co.jp/sustainability/social/safety.html
募集部門からのメッセージ
中途採用の方も多く働いている部署になりますので、気兼ねなく働ける環境です!衛生工学衛生管理者や化学物質の管理などの経験、知識をお持ちの方を求めています。工場ではその経験と知識を生かし、生産現場の管理や改善の支援を行い、そこで働く方々の更なる安全、安心な職場環境作りを一緒に行って頂ける方の応募をお待ちしております。
勤務地は鹿児島か滋賀のいずれかでご希望をお聞かせ下さい。



【職種 / 募集ポジション】
■工場の安全衛生管理業務

【雇用形態】
正社員

【給与】
応相談「採用基本情報」をご確認下さい

【勤務地】
895-0211 鹿児島県薩摩川内市高城町1810
地図で確認鹿児島川内工場

【勤務時間】
8:00~16:45
※実働7時間45分

求人企業の応募フォームに直接応募できます

京セラ株式会社

鹿児島県薩摩川内市 機械・電気・電子の生産・品質管理・検査関連 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

ファインセラミック部品、半導体部品、電子部品、切削工具、ソーラー発電システム、宝飾品、セラミック日用品、通信機器の製造・販売。

本社
〒612-8501 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地
設立
1959年4月1日
代表者名
代表取締役社長 谷本 秀夫
資本金
115,703百万円
連結売上高
1,838,938百万円 (2022年3月期)
グループ従業員数
83,001名 (持分法適用子会社、持分法適用関連会社は除く)

働きがいのある環境 個人もチームも、ともに成長できる

「全従業員の物心両面の幸福を追求する」。京セラは経営理念実現のため、グループで働く全員が、各々の個性や持ち味を活かし、会社への誇りや仕事へのやりがいを感じながら、いきいきと働くことができる環境づくりに積極的に取り組んでいます。