京セラ株式会社の『■車載用カメラの4M変更設計』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

■車載用カメラの4M変更設計

京セラは、ファインセラミックスを中心とする素材・部品メーカーとして1959年に京都で設立し、以降、半導体部品、電子部品や携帯電話、太陽光発電システムなど、事業領域を広げ、現在では、連結売上高2兆253億円を超えるグローバル企業へと成長し、世界30カ国以上に約300のグループ会社を有しています。

仕事内容
入社から1年~2年は、機構部品サプライヤの4M管理の技術分野を担当頂きます。
その間、4M業務対応を通じてカメラの基礎を習得頂き、
以降は、ビューカメラの設計・評価に業務を広げて頂きます。
4Mとは:Man(人)、Machine(機械)、Material(材料)、Method(方法)
■ミッション
車載カメラ第2開発部では、自動車の安全性向上のために搭載される、
車載用ビューカメラの開発を担っています。
業務範囲は、部品設計・評価、客先折衝、量産品質管理まで多岐にわたります。
■採用背景
各国で車載カメラの搭載義務化が進んでおり、今後とも需要が拡大していく事が見込まれています。それに対応するため、部材コストダウン、サプライヤの生産拡大対応、EOL対応を強化する必要があります。
応募資格
【必須経験・知識】
■自動車部品、電子機器関連の機構製品設計に携わった経験(5年以上)
※部品サプライヤの4Mについて、設計の面から評価・判断するため、
機構部品の設計とものづくりに関する、基礎的な知識と技術と実務経験がある方を求めます
※ご経験によっては同事業部内の別のポジションでの選考を進めさせていただく可能性もございますのでご了承ください
【歓迎する経験・知識】
■カメラ、レンズ、コネクタの知識
■カメラ、レンズ、コネクタを設計、評価した経験
■3DCAD(CATIA)の経験
■FMEA・FTAなどの自動車部品向け設計ツールの経験
■顧客折衝の経験
魅力
■自動車メーカー各社の死亡交通事故ゼロ化に向けた取り組みの中で、車載カメラは年々搭載率が高まっており、その有効性も認知されています。京セラの車載カメラ製品は市販車両に多数採用されており、自分達が世に出した製品の安全・安心への貢献を見ることで大きなやりがいを感じられます。
■製品開発は企画段階から量産開始まで担当製品にじっくりと関わる事が出来るため、ISOを基とした開発プロセスの深い理解と幅広いスキルを身に着ける事ができます。
■中途採用者への教育は、ベテラン社員とのOJT、開発プロセスに関する部内研修、自己啓発支援制度対象の豊富な社外プログラム、必要技術の社外セミナー参加、などがあり個人のモチベーションい応じたサポートを行います。
■【採用基本情報】
給与・福利厚生等の情報はこちら▼[/a]

■【京セラについての関連動画・URL】
〇京セラグループ案内
▼[/a]
〇稲盛和夫と京セラについて
▼[/a]
〇NEXT KYOCERA
▼[/a]
〇アメーバ経営
▼[/a]
〇新しい未来は仲間との挑戦が拓く
▼[/a]
〇京セラが考えるスマートシティ
▼[/a]
〇「あなたを一言で表してください」の質問が苦手だ。
▼[/a]



【職種 / 募集ポジション】
■車載用カメラの4M変更設計

【雇用形態】
正社員

【給与】
応相談「採用基本情報」をご確認下さい

【勤務地】
224-8502 神奈川県横浜市都筑区加賀原2丁目1-1
地図で確認横浜事業所
横浜市営地下鉄グリーンライン「川和町駅」より、徒歩約15分
*最寄りのバス停は「川和台」です。

【勤務時間】
8:45~17:30
※実働7時間45分

求人企業の応募フォームに直接応募できます

京セラ株式会社

神奈川県横浜市都筑区 機械・電気・電子の研究開発・応用研究 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

ファインセラミック部品、半導体部品、電子部品、切削工具、ソーラー発電システム、宝飾品、セラミック日用品、通信機器の製造・販売。

本社
〒612-8501 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地
設立
1959年4月1日
代表者名
代表取締役社長 谷本 秀夫
資本金
115,703百万円
連結売上高
1,838,938百万円 (2022年3月期)
グループ従業員数
83,001名 (持分法適用子会社、持分法適用関連会社は除く)

働きがいのある環境 個人もチームも、ともに成長できる

「全従業員の物心両面の幸福を追求する」。京セラは経営理念実現のため、グループで働く全員が、各々の個性や持ち味を活かし、会社への誇りや仕事へのやりがいを感じながら、いきいきと働くことができる環境づくりに積極的に取り組んでいます。