株式会社クボタの『生産技術(生産技術統括部)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

生産技術(生産技術統括部)

【配属先部署の担う役割】
・全クボタの事業のサステナブルな成長を「モノづくり」の視点から
指導・支援を行っています。
-事業のグローバル化、事業の体質強化を支援
-市場・先端技術の動向を見ながら、モノづくり力の強化
-常に中期的な目標を設定し、現状の課題を解決 

【具体的な仕事内容】
・全クボタの事業拡大・モノづくり力強化を実現するするために、
 下記の業務を通して事業部・工場を支援しています。
-生産設備の設計・開発、現場導入
-製造戦略の検討・作成、設備投資計画の作成
-固有技術の開発、拠点展開、蓄積
・工場/ライン立上げ、新機種立上げなど、プロジェクトベースに、
 約1~2年間かける業務が中心となります。
・チームリーダーのもとで、工場への短期出張、
 場合によっては長期出張で支援することもあります。

※仕事の進め方など※
【風土】チームリーダーの下、経験に基づく考えや意見は
    積極的に発信できる風土が御座います。
【体制】
・テーマは規模や投資額によって異なるものの、実行プロジェクトであれば、
 当部門から2~3名が参画し工場の支援を行っています。
・最初は1テーマからご担当頂き、将来的には並行して
 案件規模によるものの平均して3~4テーマご担当頂きます。
【仕事の進め方】
・担当する業務については、必ず計画書を作成し、
 進捗をフォローしています。(上司・先輩からも)
・設備そのものを設計・開発することはないものの、
 設備メーカーとの詳細な打合せ、メーカーでのテストなどを入念に行っています。
・装置や治具については自ら設計し、
 自部門の開発現場の方に協力を仰いで内作、工場ラインに据え付けを行います。
・テーマ完了後は、必ず「テーマ完了報告書」を作成し、
 本部長・部長に報告、部内での報告会も開催しています。
・テーマ内容によっては、全クボタ技術研究発表会で
 発表する機会もございます。
【関わる部門】工場の生産技術部門・製造部門との関りが多く、
       まずは工場ラインでの確認・調査(現場・現物)が基本となります。
【働くスタイル】
・堺製造所(自部門)と支援先工場との行き来になりますが
 設備据え付け時は1~2週間程度の出張対応となります。
・国内で規模が大きい案件は、
 最初から長期出張対応になる場合も御座います。(定期的に自部門には戻ってくる)
・海外工場への設備導入については、
 1週間/月程度の出張対応で、据え付け時に出張期間を延ばして対応しています。
・据え付け後のフォローとして、不定期での出張対応する場合も御座います。

【部署の平均残業時間】
20~30時間

【中途入社者の有無】


【入社後のキャリアパス】
必要に応じて部内のグループ間異動(組織変更も含む)を実施しております。
その他、国内工場の生産技術部門・製造部門への異動や
海外工場への赴任(駐在)頂く場合も御座います。
また上記異動の後、生産技術統括部へ戻ってくる場合もあり、
ご経験やご志向性によってさまざまなキャリアパスを描くことが可能です。

【現在の課題と目指す姿】
・クボタ生産方式(KPS)を基軸としたグローバル・メジャー・ブランドの
 モノづくり体制の確立を目指しています。
-モノづくり力の強化 (標準化・生産技術開発機能・人材育成機能)
-クボタ生産方式のグローバル展開
・事業部経験者や中途採用者を含め、様々な視点から「クボタのモノづくり力強化」を推進しています。
【課題】
・事業部からの支援依頼が増える状況下で、慢性的なマンパワー不足が続いています。
・支援業務を納期内に終わることに精一杯で、先端技術への挑戦・蓄積が十分とはいえません。
・モノづくり力の強化を図る上で基盤となるべき「生産技術開発」のさらなる底上げが必要。
そのためにも当部門が先頭に立って、「先端技術を応用した生産ライン・設備の構築」を進めていくことを
求められています。


【募集背景】
・これまで機械事業本部中心の支援でしたが、水環境や関連会社など体質強化を目的としたテーマが増えています。
・工場との人材ローテーションのバランスが崩れており、即戦力となる中堅層の人員が必要となっています。


【ポジションのやりがいや魅力】
・全クボタの生産技術部門に横串を通す統括部門であり、クボタの全製品・生産ラインに関わるチャンスが御座います。
・事業計画に基づいた支援テーマであり、事業に与える影響も大きく、責任も大きい仕事です。
・海外の新拠点/ラインの構築に関わる機会もあり、自身のスキル・経験を深めるチャンスにも恵まれています。
・自身のアンテナ次第で、学会への参加や最先端技術や新鋭化工場に触れる機会も作ることが可能です。
・キャリア入社者も多く、仕事をしやすい雰囲気があります。
・担当ラインの一工程だけでなく、ライン全般に関わることができます。

【応募資格】
【学歴】高専、大学、大学院卒 

【語学】不問

【必須】
・加工技術の知識・実践経験をお持ちの方
・加工工程に関わる生産技術経験(設備設計、導入、立ち上げ経験など)
・関係者との技術的交渉や現場が納得できるようななスムーズなコミュニケーションが可能な方
・図面の読み書き

【歓迎】
・設備投資の企画・実行経験
・海外工場・ラインの立ち上げ経験
・海外工場への赴任経験
・生産技術開発に関わる企画・実行経験

勤務地

大阪府堺市(堺製造所)

●敷地内禁煙(屋内・屋外喫煙可能場所あり)

待遇

【想定年収】450万円~850万円(残業代及び諸手当込)
※ご経験、前年収、ご年齢に応じて決定します。

《年収参考例》 
・539.2万円/27歳(残業代を除く)
・715.8 万円/34歳(残業代を除く)
※最短昇級時 897万円/35歳(管理職扱、手当無) 

《初任給》
大学院卒(修士)/月給25万6500円
大学卒    / 月給23万6500円   
※2020年4月実績   

【賞与】業績、評価によって6月・12月支給
【昇給】年1回(1月)
【雇用形態】正社員
【試用期間】3ヵ月※試用期間中の勤務・賃金制度に変更はありません。
【就業時間】8:30~17:00(休憩時間12:00~12:45)
【休暇】125日 年末年始、夏季、GW、年次有給、特別・慶弔休暇
    土曜日、日曜日、その他(製造部門は事業所ごとに決定)
    就労する事業所の年間所定休日(事業所カレンダー)による。
    有給休暇は最高20日(入社時は14日付与あり)
【保険】雇用・労災・健康・厚生年金保険

【手当】通勤手当 支給 ※会社規程による

【寮・社宅】有 保有or借上 ※配属地近隣物件の空き状況、家族構成等による

【福利厚生】
退職金、貯蓄制度/財形貯蓄制度(財形年金)、団体貯蓄保険、
クボタファンド(従業員持株会)慶弔・保険/慶弔見舞金制度、
ファミリーライフサポート保険、災害補償、各種損害保険等
健康・レクリエーション/カフェテリアプラン(スポーツ施設利用補助、
旅行費補助等)、各種健康診断、人間ドック補助など

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社クボタ

大阪府堺市 機械・電気・電子の生産・品質管理・検査関連 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

「農業機械」「産業機械」「水システム」「環境システム」「都市・インフラ」などの事業分野のシステム・製品の研究開発・製造および販売 ※当社のスローガンである「For Earth, For Life」には、「現在世界が抱えている食料・水・環境問題へグローバルに挑戦しよう」という決意が込められています。

代表者
代表取締役社長 木股 昌俊 代表取締役副社長執行役員 久保 俊裕
創業
1890年
資本金
841億円(2017年12月期)
売上高
17,515億円(2017年12月期・連結)8,441億円(2017年12月期・単独)
従業員数
39,410名(2017年12月期・連結) 11,266名(2017年12月期・単独) ※従業員数は就業人員です。
本社所在地
〒556-8601 大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号

スピリッツ(私たちの精神・姿勢)

一、総合力を生かしすぐれた製品と技術を通じて社会の発展につくそう 一、会社の繁栄と従業員の幸福を 希ねがって 今日を築き明日を 拓ひらこう 一、創意と勇気をもって未知の世界に挑戦しよう 1890年、19歳で鋳物業を開業したクボタグループの創業者・久保田権四郎。 「やればできる」「失敗を恐れるな」の信念で 日本で初めて水道管の国産化や農業の機械化を実現し、社会の発展に貢献してきました。 「国の発展に役立つ商品は、全知全霊を込めて作り出さねば生まれない」 「技術的に優れているだけでなく、社会の皆様に役立つものでなければならない」 クボタグループは、この創業者の信念とともに3つのスピリッツを継承し、 グローバルに事業を推進、真に社会から親しまれ求められる企業グループで在り続けます。

ブランドステートメント(私たちの約束)

「For Earth, For Life」 ─ クボタグループは、美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしを これからも支えていくことを約束します。

ミッション(私たちの使命)

人類の生存に欠かすことのできない食料・水・環境。 クボタグループは、優れた製品・技術・サービスを通じ、 豊かで安定的な食料の生産、安心な水の供給と再生、 快適な生活環境の創造に貢献し、地球と人の未来を支え続けます。 世界は今、人類が生きていくために不可欠な食料・水・環境の分野で多くの課題を抱えています。 それらは個別の問題ではなく、すべてが密接に結びついています。 人口の増加は、環境に大きな影響を与え、水資源に問題をもたらし、食料の供給不足へとつながっていく。 クボタグループは、食料・水・環境を一体のものとして捉え、その課題解決に貢献します。