株式会社クボタの『専任技術者(総務課)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

専任技術者(総務課)

各支社の総務課(※)に所属の上、専任技術者として
ご活躍頂ける方を募集しております。転勤はありません。
(※)沖縄営業所に勤務の場合は、九州支社総務課の所属となります。

具体的には、
①専任技術者業務 
②安全衛生業務(職場パトロール、安全運転管理等)
③総務・庶務業務(事務所管理)
④営業支援業務
⑤その他
などの業務をご担当頂きます。残業はほとんどありません。

【面接について】
勤務を希望する各支社・営業所にて一次面接を実施いたします。

【応募資格】
【学歴】高校、高専、大学、大学院卒 

【語学】不問

【必須】
・監理技術者(機械器具設置工事)

【歓迎】
・上記に加えて、
 監理技術者(水道施設工事)の資格をお持ちの方

勤務地

九州支社/福岡市博多区
沖縄営業所/沖縄県那覇市

待遇

【想定年収】450万円~700万円
※ご経験、前年収、ご年齢に応じて決定します。
※年俸制(諸手当込み)
※最長65歳誕生日までの方

【雇用形態】常勤嘱託社員(1年更新)/試用期間なし

【就業時間】8:30~17:00(休憩時間12:00~12:45)

【休暇】 125日
土曜日、日曜日、年末年始、夏季、GW、年次有給、特別・慶弔休暇
そのほか就労する拠点の年間所定休日による。

【保険】雇用・労災・健康・厚生年金保険

【福利厚生】
貯蓄制度/財形貯蓄制度(財形年金)、団体貯蓄保険、
クボタファンド(従業員持株会)、慶弔見舞金制度、
ファミリーライフサポート保険、災害補償、各種損害保険等
健康・レクリエーション/カフェテリアプラン(スポーツ施設利用補助、旅行費補助等)、
各種健康診断、人間ドック補助など

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社クボタ

福岡県福岡市博多区、沖縄県那覇市 総務 ( 事務・管理系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

「農業機械」「産業機械」「水システム」「環境システム」「都市・インフラ」などの事業分野のシステム・製品の研究開発・製造および販売 ※当社のスローガンである「For Earth, For Life」には、「現在世界が抱えている食料・水・環境問題へグローバルに挑戦しよう」という決意が込められています。

代表者
代表取締役社長 木股 昌俊 代表取締役副社長執行役員 久保 俊裕
創業
1890年
資本金
841億円(2017年12月期)
売上高
17,515億円(2017年12月期・連結)8,441億円(2017年12月期・単独)
従業員数
39,410名(2017年12月期・連結) 11,266名(2017年12月期・単独) ※従業員数は就業人員です。
本社所在地
〒556-8601 大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号

スピリッツ(私たちの精神・姿勢)

一、総合力を生かしすぐれた製品と技術を通じて社会の発展につくそう 一、会社の繁栄と従業員の幸福を 希ねがって 今日を築き明日を 拓ひらこう 一、創意と勇気をもって未知の世界に挑戦しよう 1890年、19歳で鋳物業を開業したクボタグループの創業者・久保田権四郎。 「やればできる」「失敗を恐れるな」の信念で 日本で初めて水道管の国産化や農業の機械化を実現し、社会の発展に貢献してきました。 「国の発展に役立つ商品は、全知全霊を込めて作り出さねば生まれない」 「技術的に優れているだけでなく、社会の皆様に役立つものでなければならない」 クボタグループは、この創業者の信念とともに3つのスピリッツを継承し、 グローバルに事業を推進、真に社会から親しまれ求められる企業グループで在り続けます。

ブランドステートメント(私たちの約束)

「For Earth, For Life」 ─ クボタグループは、美しい地球環境を守りながら、人々の豊かな暮らしを これからも支えていくことを約束します。

ミッション(私たちの使命)

人類の生存に欠かすことのできない食料・水・環境。 クボタグループは、優れた製品・技術・サービスを通じ、 豊かで安定的な食料の生産、安心な水の供給と再生、 快適な生活環境の創造に貢献し、地球と人の未来を支え続けます。 世界は今、人類が生きていくために不可欠な食料・水・環境の分野で多くの課題を抱えています。 それらは個別の問題ではなく、すべてが密接に結びついています。 人口の増加は、環境に大きな影響を与え、水資源に問題をもたらし、食料の供給不足へとつながっていく。 クボタグループは、食料・水・環境を一体のものとして捉え、その課題解決に貢献します。