イビデン株式会社の『生産技術(カーボンニュートラル推進)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

生産技術(カーボンニュートラル推進)

【業務概要】
全社のカーボンニュートラル推進とGXの展開

【募集の背景】
世界的にカーボンニュートラルの取り組みが加速しており、当社も早期にTCFDに賛同し、温室効果ガス排出実質ゼロの目標を発表している。国内外の多種多様な生産設備とモノづくりを横断的に調査・把握し、省エネ活動から革新的なエネルギーマネジメントまでを推進・実行できる人材の確保が必要である。

【特徴・魅力】
電子・セラミック・新規事業の異なる生産設備・プロセスを対象に、幅広い分野の知見を身に付けることができます。また、優れたGXの取り組みについては、表彰制度を設けています。

【配属組織】
生産推進本部 GX推進部

勤務地

■青柳事業場
 岐阜県大垣市青柳町300(養老鉄道 美濃青柳駅徒歩10分)
※敷地内禁煙(屋外喫煙可能場所あり)

応募資格

【必須】
・製造業において生産設備の省エネ改善に取り組んだ経験がある方

【歓迎】
・エネルギー管理士などの資格をお持ちの方
・建物の温熱気流解析について知見のある方
・ツールを用いたデータ解析経験のある方
・全社に対して、環境経営や環境意識向上を推進した経験がある方

【学歴】
・高卒以上

待遇

【給与】
モデルケース 大学卒 30歳:550万円/年
*経験年数:8年、時間外労働20時間/月含む
 大学卒 35歳:670万円/年(裁量労働制)
*経験年数:13年、扶養家族1名
※一定の職位以上は、裁量労働制を適用 (目安600万円~)
 裁量労働手当(20時間/月の残業に相当)及び職務手当あり
※試用期間は、裁量労働制を適用しないため、残業時間に応じて支給
※通勤手当(距離に応じたガソリン代支給、公共交通機関の定期代実費支給)
※公共交通機関、自転車、徒歩通勤の場合、ECO通勤手当支給

【雇用形態】
正社員(試用期間3か月)

【休日休暇】
・年間休日:120日
  土日祝 (週休二日制)、GWなどの長期休暇あり
・有給休暇
  入社日に応じて付与日数を決定、以降勤続年に応じ最大20日付与
・他、ストック休暇制度、リフレッシュ休暇制度 等

【定年年齢】
・62歳(22年4月時点)
※定年年齢を段階的に引上げており2029年に65歳となります

【福利厚生等】
・社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
・育児休職制度、介護休職制度
・各種制度(共済会、社員持株会、財形貯蓄、就業不能保険)
・確定拠出年金または前払い一時金
・社員食堂(食費補助あり)、独身寮完備(入寮基準あり、社宅なし)
・法人会員制福利厚生サービス(宿泊施設、スポーツクラブ等)

【その他補足事項】
・体育・文化会 (体育系21部・文化系4部)
・「健康経営優良法人ホワイト500」を6年連続で認定取得(2017年度~)
・ワークライフバランスへの取組みを積極的に進めており、「プラチナくるみん」に認定されています。(2020年度)

求人企業の応募フォームに直接応募できます

イビデン株式会社

岐阜県大垣市 建築・設備・土木・工事の特許・研究関連 ( 建築・設備・土木・工事系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

電子事業及びセラミック事業における開発・製造・販売【電子事業】パソコン、スマートフォン、タブレットPC等に使用されるICパッケージやプリント配線板など 【セラミック事業】ディーゼル車の排ガスを浄化するDPFや半導体・太陽電池製造装置に使用される特殊炭素製品など

設立
1912年(大正元年)11月25日
本社所在地
岐阜県大垣市神田町2-1
資本金(2022年3月末現在)
64,152百万円
代表者
代表取締役社長 青木 武志

イビデンってどんな会社!?

イビデンは、半導体メーカーや自動車メーカーなど、世界トップクラスの企業を支える「技術開発型企業」です。電子・セラミックを中心に、常にお客様の最先端製品の開発に携わり、革新的な技術で、豊かな社会の発展に貢献しています。

イビデンの歴史

「地元・大垣復興の礎となりたい」...イビデンの歴史は、そんな一つの志から始まりました。明治の産業革命や水害によって、かつて城下町として賑わった大垣は衰退。大垣の衰退を憂いた地元の有力者達が産業都市への転身を目指し、1912年に揖斐川の豊富な水源を活かした水力発電会社「揖斐川電力株式会社」を設立しました。 それから100余年...イビデンは培ってきたコア技術を活かし、新たな技術を創造する「イビテクノ」の精神のもと、時代の変化とともに事業を展開、現在では、電子・セラミックを中心に、「技術開発型企業」として、半導体や自動車など、世界トップクラスの企業から選ばれる企業に成長を遂げました。