イビデン株式会社の『生産技術(セラミック製品の生産設備・システムの仕様検討・導入)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

生産技術(セラミック製品の生産設備・システムの仕様検討・導入)

【業務概要】
セラミック製品向け生産設備・システムの仕様検討・導入

【募集の背景】
自動車排気系部品(DPFや触媒担体保持・シール)は、世界的な排ガス規制の強化により、難仕様化が進んでいる。また、グラファイトについても、半導体向け単結晶引き上げ装置を中心に高純度化や大型化が求められており、セラミック事業拡大に向け、生産性およびエネルギー効率の高い生産設備・システムの仕様検討や導入ができる人材の確保が必要である。

【特徴・魅力】
粉体工学や熱力学、機械工学など、多彩なバックグランドを活かせるとともに、幅広い分野の知見を身に付けることができます。

【配属組織】
セラミック事業本部 生産技術G

勤務地

■大垣北事業場
 岐阜県揖斐郡揖斐川町北方1-1(養老鉄道養老線揖斐駅 車で約10分)
■神戸事業場
 岐阜県安八郡神戸町末守1120-1(養老鉄道養老線広神戸駅 車で約5分)
※いずれも敷地内禁煙(屋外喫煙可能場所あり)

応募資格

【必須】
・製造業で生産技術エンジニアとして就労経験がある方
・生産性やエネルギー効率の改善の経験がある方

【歓迎】
・電気主任技術者、物流技術管理士、機械保全技能士などの資格をお持ちの方
・CAD/CAMを利用できる方
・設備制御(PLC)の導入または検討経験のある方

【学歴】
・高卒以上

待遇

【給与】
モデルケース 大学卒 30歳:550万円/年
*経験年数:8年、時間外労働20時間/月含む
 大学卒 35歳:670万円/年(裁量労働制)
*経験年数:13年、扶養家族1名
※一定の職位以上は、裁量労働制を適用 (目安600万円~)
 裁量労働手当(20時間/月の残業に相当)及び職務手当あり
※試用期間は、裁量労働制を適用しないため、残業時間に応じて支給
※通勤手当(距離に応じたガソリン代支給、公共交通機関の定期代実費支給)
※公共交通機関、自転車、徒歩通勤の場合、ECO通勤手当支給

【雇用形態】
正社員(試用期間3か月)

【休日休暇】
・年間休日:120日
  土日祝 (週休二日制)、GWなどの長期休暇あり
・有給休暇
  入社日に応じて付与日数を決定、以降勤続年に応じ最大20日付与
・他、ストック休暇制度、リフレッシュ休暇制度 等

【定年年齢】
・62歳(22年4月時点)
※定年年齢を段階的に引上げており2029年に65歳となります

【福利厚生等】
・社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
・育児休職制度、介護休職制度
・各種制度(共済会、社員持株会、財形貯蓄、就業不能保険)
・確定拠出年金または前払い一時金
・社員食堂(食費補助あり)、独身寮完備(入寮基準あり、社宅なし)
・法人会員制福利厚生サービス(宿泊施設、スポーツクラブ等)


【その他補足事項】
・体育・文化会 (体育系21部・文化系4部)
・「健康経営優良法人ホワイト500」を6年連続で認定取得(2017年度~)
・ワークライフバランスへの取組みを積極的に進めており、「プラチナくるみん」に認定されています。(2020年度)

求人企業の応募フォームに直接応募できます

イビデン株式会社

岐阜県揖斐郡、岐阜県安八郡 その他の機械・電気・電子系 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

電子事業及びセラミック事業における開発・製造・販売【電子事業】パソコン、スマートフォン、タブレットPC等に使用されるICパッケージやプリント配線板など 【セラミック事業】ディーゼル車の排ガスを浄化するDPFや半導体・太陽電池製造装置に使用される特殊炭素製品など

設立
1912年(大正元年)11月25日
本社所在地
岐阜県大垣市神田町2-1
資本金(2022年3月末現在)
64,152百万円
代表者
代表取締役社長 青木 武志

イビデンってどんな会社!?

イビデンは、半導体メーカーや自動車メーカーなど、世界トップクラスの企業を支える「技術開発型企業」です。電子・セラミックを中心に、常にお客様の最先端製品の開発に携わり、革新的な技術で、豊かな社会の発展に貢献しています。

イビデンの歴史

「地元・大垣復興の礎となりたい」...イビデンの歴史は、そんな一つの志から始まりました。明治の産業革命や水害によって、かつて城下町として賑わった大垣は衰退。大垣の衰退を憂いた地元の有力者達が産業都市への転身を目指し、1912年に揖斐川の豊富な水源を活かした水力発電会社「揖斐川電力株式会社」を設立しました。 それから100余年...イビデンは培ってきたコア技術を活かし、新たな技術を創造する「イビテクノ」の精神のもと、時代の変化とともに事業を展開、現在では、電子・セラミックを中心に、「技術開発型企業」として、半導体や自動車など、世界トップクラスの企業から選ばれる企業に成長を遂げました。