本田技研工業 株式会社の『設備保全(鈴鹿/電気系または機械系/溶接領域)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

設備保全(鈴鹿/電気系または機械系/溶接領域)

Hondaが世界に誇る「マザー工場」である鈴鹿製作所にて、溶接領域の設備保全(トラブルシューティング、予防保全、新規設備導入の支援 等)をお任せ致します。

【具体的には】 
四輪完成車工場である鈴鹿製作所における以下の製造部門において、
●設備メンテナンス計画立案と実行
●生産設備トラブル対応とその対策立案(原因分析から再発防止等の推進まで)
●設備稼働安定化を目指した改善案の企画・推進
●新規設備及び新型車生産機能の導入
●メンテナンスに必要な資材の手配/管理
●海外製作所への技術支援 等、幅広い業務をお任せいたします。


※交替制での勤務となります。
※国内外への出張が発生いたします。

【募集の背景】
世界各地で研究開発・生産・販売の機能を保持し、
地域に根を下ろしたグローバル展開を推進してきたHonda。
さらなるグローバル展開に向け、Hondaのものづくりを支える製造組織を強化し、
独創的な技術で新しい価値を創造していきます。
鈴鹿製作所では、エンジン、プレス、溶接、塗装の製造における各工程をはじめ、
各種部品の取り付け、エンジン搭載や完成車の検査まで一貫生産を行っている、
日本を代表するマザー工場でもあります。
ものづくりの最前線で、世界中のより多くのお客様に喜びをお届けするため、
Hondaの想いに共感していただける仲間を募集します。
自動車業界に限らず、他業界でのご経験、専門性を有する方も大歓迎です

【やりがい、魅力】
●海外を含めたHonda四輪車の「マザー工場」として、将来的には、自ら開発した技術を世界に発信することができる仕事です。
●与えられた事案に取り組むだけでなく、自らテーマ設定し業務改善など行うことが求められる環境です。ラインスタッフとも距離が近く、現場のニーズをくみ取りながら、設備導入をはじめるとする工程改善に主体的に取り組んでいただくことを期待しています。
●ロボット等の最新技術を積極的に取り入れて、Hondaのものづくりに新風を吹かしていただくことを期待しております。

【配属部門の特徴】
●単品部品から製品へと加工され、車体骨格を形成する重要な領域となります。
●ロボット、搬送、治具と約500設備ある中で、自分たちが取り組んだトラブル解析や仕様改善案を実際の設備に反映する、設備技術者として業務をお任せいたします。

※Hondaの中途採用募集職種一覧はこちら↓
http://www.honda-jobs.com/job/category/

勤務地

三重県鈴鹿市
本田技研工業株式会社 鈴鹿製作所

※鈴鹿での暮らしについては【こちら】

応募資格

【求める経験・スキル】※出身業界不問
以下いずれかのご経験/スキルをお持ちの方
●電装設備に携わったご経験
●シーケンス制御のご経験

【上記を満たした上で、下記いずれかの経験/スキルをお持ちの方を歓迎します】
●保全技能士資格保持者
●産業ロボットに携わったご経験
●自動車整備の経験をお持ちの方

【求める人物像】
●ものづくりの現場に想いをもって取り組める方
●Hondaフィロソフィーに共感いただける方
●自分の考えをしっかり主張できる方
●主体性と当事者意識、責任感を持って行動できる人
●社内外の関係者とコミュニケーションを粘り強く行える方

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

本田技研工業 株式会社

三重県鈴鹿市 その他の建築・設備・土木・工事系 ( 建築・設備・土木・工事系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

モビリティ(二輪、四輪、パワープロダクツ、ロボット、航空技術など)の研究・開発・製造・販売

本社
〒107-8556 東京都港区南青山2-1-1
設立
1948年(昭和23年)9月
代表者
代表取締役社長 八郷隆弘

企業理念

Hondaフィロソフィーは、「人間尊重」「三つの喜び」から成る“基本理念”と、“社是”“運営方針”で構成されています。Hondaフィロソフィーは、Hondaグループで働く従業員一人ひとりの価値観として共有されているだけでなく、行動や判断の基準となっており、まさに企業活動の基礎を成すものといえます。 Honda は「夢」を原動力とし、この価値観をベースにすべての企業活動を通じて、世界中のお客様や社会と喜びと感動を分かちあうことで、「存在を期待される企業」をめざして、チャレンジを続けていきます。