本田技研工業 株式会社の『知的財産(四輪事業領域の契約担当)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

知的財産(四輪事業領域の契約担当)

========================
リモート面接を実施中です
========================
四輪事業領域のアライアンスケースに係る契約推進業務をお任せいたします。

【募集の背景】
自動車業界ではCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)に代表される新たな技術・サービスの時代に突入しており、急速な技術革新が進んでいる不確実性の高い時代の中で、異業種も巻き込んだ新たな協業と競争のフェーズに入っています。こうした状況の中、Hondaは「新たな成長・価値創造を可能とする企業への変革」を成し遂げようとしております。
今回の募集は、Honda四輪事業に関わる国内外のパートナー企業との協業・共同開発に係る契約対応をお任せするポジションです。
新しい業界との協働機会が増え、アライアンス案件が拡大していく中、Hondaの10年先、20年先を見据えたアライアンス戦略を担う重要なポジションです。
世界中の一人ひとりの「移動」と「暮らし」の進化をリードするとともに、ともにHondaの未来をつくっていただけるメンバーを募集します。

【具体的には】
自動運転、コネクテッドサービス、MaaSやビッグデータビジネス領域において、
●Hondaと世界中のビジネスパートナーとの間における技術契約の実務(共同開発契約、研究委託契約、ライセンス契約等の企画立案、交渉、締結業務 ※和文/英文)
●M&Aやアライアンスにかかわるスキームの立案・提案および協創に関わる研究開発から量産・サービス提供など事業にかかわる契約の作成・交渉
●新事業領域における知的財産の活用・事業化に関する施策の企画・立案、実行
をお任せします。

※1、英文契約書の作成、英文調査文献の活用、英語での交渉など英語を使用する場面が多く発生いたします。
※2、国内外への出張もございます。さらに本人の希望も考慮した上で将来的に海外駐在していただく可能性もあるポジションです。
※3、研究開発部門のエンジニア、経営、ビジネスパートナーなど様々な関係者とやりとりがございます。

【やりがい、魅力】
・Hondaでは、「先進創造こそが夢をかなえる」という信念に基づき、これまでにも世界初や業界初の独創的な技術や製品を生み出してきました。それらの最先端技術をHondaの競争力として確実なものとし、グローバルを舞台にHondaがHondaらしくあり続けるために、Hondaの知財部門は知財の創出から活用まで一貫したポリシーをもち、Hondaのグローバル・ビジネスに重要な役割を果たしています。
・Hondaが大切にする「現場」「現物」「現実」の三現主義は、知財に関しても徹底しております。例えば知財関連契約では、課題を解決するために現場の社員と膝を突き合わせて議論を重ね、契約の相手方と粘り強く交渉し、win-winな関係を確立することで事業の持続的な成長と発展に貢献することがHondaの知財のスタイルです。
・100年に一度といわれる自動車業界の変革期において、事業への貢献性を重要視し、契約書作成のみならず契約交渉を含めたアライアンスの企画・提案を行うことで、知的財産を切り口に新規事業開発をリーディングすることができます。アライアンス・協創に関わるプロジェクトを通じ未来のHondaビジネスの構築にかかわることができ、自らの専門性を磨くとともにグローバルに通用する業務能力を身につけることが可能です。

【職場環境・風土】
Hondaは「三つの喜び(買う喜び、売る喜び、創る喜び)」を基本理念に、創業から数々の製品を生みだし続けてきました。
役員から現場社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。主体的に仕事に向き合い、意欲と能力のある社員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。

【現場従業員の声】
Hondaの知財は、「攻めの知財」です。世界中のHondaの開発者が生み出す最先端の技術に最大限の付加価値をつけ、Hondaのビジネスに知財で貢献することが知財部門には求められます。
グローバル競争力の強化に伴い、知財の重要性は今までになく高まっています。現場に入り込み、Hondaのものづくりを支える気概のある方の挑戦をお待ちしています。

◆おすすめ記事
外務省への出向経験を糧に、新たに挑む国際的なルール作り

◆Hondaの社風・働き方
仕事も育児も、しなやかに強く。Hondaで輝くワーキングマザー
仕事と育児の両立実現に向けた軌跡
[特別対談] 元Honda社員と語るHondaのフィロソフィー
Hondaフィロソフィーとは

※Hondaの中途採用募集職種一覧は【こちら】

勤務地

東京都港区青山 本社
※上記は、初任地となります。
その後は、国内および海外事業所への異動の可能性があります。

応募資格

【求める経験・スキル】
●技術契約の実務経験(目安3年以上)
●ビジネスレベルの英語力

【上記に加え、下記いずれかのスキル・ご経験をお持ちの方歓迎】
●新規事業構築やM&Aにかかわる契約実務経験
●上場企業、メーカーでの法務経験5年以上
●国内外弁護士事務所を使った業務推進経験

【求める人物像】
●チームの一員として協調して働ける方
●知的好奇心が強く、新たなチャレンジにも前向きに取り組んでくれる方

待遇

待遇・福利厚生(受動喫煙防止措置含む)

■勤務/休日/休暇
・勤務は応募職種毎に設定(フレックスタイム制・固定制・交替制)
・リモートワーク制度
・長期休暇あり(GW、夏季、年末年始)
・年間休日121日
・平均有休取得日数17.2日(2020年度)
・年次有給休暇…16日~20日/年 ※勤続年数に応じて付与
・慶弔休暇(結婚休暇…6日、忌引休暇…1~7日※続柄に応じて付与)

■各種手当
・通勤手当
・リモートワーク手当
・賞与 
・残業代全額支給

■福利厚生
・独身寮、転勤社宅 ※適用条件有
・社内研修(階層別研修、ビジネススキル研修、語学研修等)
・語学資格取得支援
・健康診断
・余暇施設(運動施設、保養所)
・厚生制度(財形貯蓄制度、団体扱い保険、持家支援、持株会制度、選択型福利厚生等)
・食堂施設、食事補助

■両立支援(仕事と育児・介護など)
・育児・介護手当
・リモートワーク制度
・短時間勤務制度
・育児・介護休職
・産前産後休暇
・産後パートナー休暇(出生8週以内に5日)
・子の看護休暇(年間5日/子供1人当たり)
・育児費用補助
・社内託児所(和光/栃木)
・介護休暇(年間5日/要介護者1人当たり)
・不妊治療休暇(年間5日)
・不妊治療休職(原則6か月、最大1年)
・病気治療休暇(会社指定の疾患を対象・年間5日)

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

本田技研工業 株式会社

東京都港区 法務・特許 ( 事務・管理系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

モビリティ(二輪、四輪、ライフクリエーション、ロボット、航空技術など)の研究・開発・製造・販売

本社
〒107-8556 東京都港区南青山2-1-1
設立
1948年(昭和23年)9月
代表者
取締役 代表執行役社長 三部敏宏

企業理念

Hondaフィロソフィーは、「人間尊重」「三つの喜び」から成る“基本理念”と、“社是”“運営方針”で構成されています。Hondaフィロソフィーは、Hondaグループで働く従業員一人ひとりの価値観として共有されているだけでなく、行動や判断の基準となっており、まさに企業活動の基礎を成すものといえます。 Honda は「夢」を原動力とし、この価値観をベースにすべての企業活動を通じて、世界中のお客様や社会と喜びと感動を分かちあうことで、「存在を期待される企業」をめざして、チャレンジを続けていきます。