株式会社日立製作所の『機械設計・エンジニアリング(水車/発電機)』の求人情報

機械設計・エンジニアリング(水車/発電機)

■水力発電に設置される水車もしくは発電機の機械設計

海外新設、国内更新工事案件の機械設計をお任せします。
ご経験に応じ、
概略設計~見積計画支援、性能・構造設計、機器手配
いずれかのフェーズをご担当頂くイメージです。
水力発電において、水車・発電機は主機となるため、
1人の業務幅も広く大きなやりがいと達成感を得られます。

※海外案件担当される場合は、月1回程度の出張があります。



【仕事の魅力】
■全件フルカスタムが特徴
 水力発電機器の設計は、地形に応じて要求仕様が変わります。
 知恵と技術を結集し、顧客要求(高効率化、環境負荷軽減、
 コスト低減など)を実現する面白みがあります。
 当然、高い設計能力が身に付き、エンジニアとしての
 キャリアを最大化して頂くことができます。

【当社の魅力】
■世界でも稀有な水力事業に特化した企業
 L継続的な研究開発投資で競争力強化。
 L少数精鋭組織。特有の経営層と現場社員の距離の近さ。
  意思決定がスピーディー。
 L顧客とトップリレーションシップを確立。
  ニーズへのキャッチアップが早く、
  強い信頼関係の中で業務に取り組むことが出来る。

【採用背景】
■案件増加に伴う増員
 各国が再生可能エネルギーの導入を進めている中、
 水力発電は自然の形状を有効活用できる
 純国産の再生可能エネルギーとして注目を集めています。
 国内では既存発電所の更新案件が、
 海外では新設案件への需要が急増しており、
 経験者をお迎えしての組織力強化は急務となっています。
 水力発電の有効活用は、安全なエネルギー社会実現の推進役です。
 100年先を見据えた技術革新を、共に牽引して頂けませんか?

【水力発電事業について】
■再生可能エネルギー拡大の推進役
 大型発電の手法としては、最古の歴史を持つ水力発電。
 再生可能エネルギーの中でも最大の供給量を誇っており、
 将来の電源構成予測からも、掛けがられる期待の大きさが
 伺えます。
 近年では、昼間に発電された太陽光発電の余剰電力を、
 揚水用の電力として用いダムに貯水する等、
 水力以外の再生可能エネルギーの安定稼働を下支えする
 存在としても注目を集めています。

 発電所建設の需要に目を向けると、国内の水力発電所の多くが
 老朽化による設備更新期にあり、数百件規模の更新案件が
 控えています。
 海外においては、アジアを中心に新設需要が伸びている状況です。
 当社へは、発電機器の高効率化、環境負荷軽減などの期待が
 寄せられており、世界最高性能を目指して
 日々研究・開発に励んでいます。

勤務地

茨城県日立市

応募資格

<必須要件>
・機械工学または電気工学の基礎知識に基づいた設計スキル
・要求仕様を適正に理解し、それを実現する設計をアウトプットする能力=カスタマイズ設計への対応。

<歓迎要件>
・流体性能(開発)設計、発電機・水車主機・入口弁・調速機・各種補機などの設計知識。
・3D/CADを活用した構造設計、P&ID設計、プロジェクト管理技術

待遇

想定年収:500万円~1000万円
※経験・年齢・能力を考慮し、当社規定により優遇します。
※日立製作所採用で、日立三菱水力に出向となります。

株式会社日立製作所

茨城県日立市 機械・金型設計 ( 機械・電気・電子系 )

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

電力・エネルギー、産業・流通・水、アーバン、金融・公共・ヘルスケア

創業
明治43 (1910) 年
設立
大正9 (1920) 年2月
資本金
458,790百万円(2017年3月末現在)
代表者
代表執行役 執行役社長兼COO 東原 敏昭
従業員数
35,631名(2017年3月末日現在)
連結従業員数
303,887名(2017年3月末日現在)
本店の所在地
東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
売上高
1,906,532百万円/ 連結 9,162,264百万円 2017年3月期

基本理念

日立製作所は、その創業の精神である"和"、"誠"、"開拓者精神"をさらに高揚させ、日立人としての誇りを堅持し、優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献することを基本理念とする。 あわせて、当社は、企業が社会の一員であることを深く認識し、公正かつ透明な企業行動に徹するとともに、環境との調和、積極的な社会貢献活動を通じ、良識ある市民として真に豊かな社会の実現に尽力する。