日立ハイテクグループの『ソフトウェア開発(電子顕微鏡)/茨城勤務【Web面接実施中】』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

ソフトウェア開発(電子顕微鏡)/茨城勤務【Web面接実施中】

【職務内容】
評価解析システム製品本部 解析ソフトウェア設計部において電子顕微鏡(SEM/TEM/STEM)の組み込みおよび応用ソフトウェア開発(装置制御、画像処理、ライブ画像表示、操作GUI、光学系制御、高精度ステージ制御、自動化機能、AI、等)をご担当いただきます。

【採用背景】
当社の電子線解析装置は化学・材料、ライフサイエンス、半導体、アカデミアなど、あらゆる業界や顧客を対象としています。近年では、次世代自動車部品に搭載されるリチウムイオン電池などの電池・材料に向けた装置事業や、高速かつ高性能な解析を求める半導体業界に向けた装置事業など、業界や解析のバリエーションが拡大・増加しています。
また、解析した画像を出力・保存するだけでなく、画像解析、AI・ディープラーニング技術をもとにした欠陥・異物検知、欠陥・不良品に関する特徴を捉えるなど、高付加価値ソリューションの提供も開始しています。競争激化するグローバル市場において当社装置群のプレゼンスを向上させるためには、”次世代電子顕微鏡”の開発が命題と捉えています。次世代電子顕微鏡の開発における応用ソフトウェア開発の重要性は高まっており、画像処理、自動化機能、AI、クラウド化、ライブ画像表示、操作GUI、光学系制御、高精度ステージ制御等、その応用範囲は多岐にわたります。そのため、高度なソフトウェア開発やソフトウェア上流設計ができる人財に加わっていただき、開発スピードを加速させたいと考えています。
当社は企業ビジョンとして「ハイテクプロセスをシンプルに」を掲げており、コア技術である「見る・測る・分析する」を基にあらゆるムダを減らし、生産性を最大化することで、最先端分野でお客様の飛躍と成長をお手伝いすることをミッションとしています。お客様ともにサステナブルな未来を切り開くためにも、次世代電子顕微鏡の開発に着手しています。
このような想いに共感し、ソフトウェア開発に関する経験を活かしながら、共に当社ナノテクノロジー・ソリューション事業を牽引していただける技術者を募集します。

【仕事の魅力】
・当社の電子顕微鏡は「高分解能観察」を特長としており、世界トップクラスの技術力を持っています。小惑星探査機「はやぶさ」が小惑星イトカワから持ち帰った粒子の解析に使用された実績もあります。
・欧米・アジアの世界トップクラスの研究者や大学との共同研究を通して、世界中の最先端分野の技術に触れながら技術力を高められる機会があります。また、日立製作所中央研究所との共同開発も行っています。
・電子顕微鏡は、原子レベルで試料を直接見ることができる強力な観察、解析、分析装置です。さまざまな素材・製品に役立つ川上製品を扱うため、次世代電子顕微鏡の開発はあらゆる産業に対するインパクトがあり、やりがいに感じることができます。

【組織構成】
部全体で約60名います。配属予定のソリューション開発グループには、10数名在籍しています。

【担当装置例】
電解放出型走査電子顕微鏡(FE-SEM)HFシリーズ
走査透過電子顕微鏡(SEM)HDシリーズ
透過電子顕微鏡(TEM/STEM)
卓上顕微鏡Miniscope🄬

【日立ハイテクについて】
当社は安定的な経営基盤を誇る日立グループの中でもメーカーと商社の機能を併せ持つ稀有な企業であり、製造、販売、サービスまでを一貫して手掛けることであらゆる顧客ニーズに応えられる強みを有しています。「見る・測る・分析する」のコア技術を基盤に、医用・バイオ分析装置、半導体検査装置、半導体製造装置、先端産業や社会インフラのソリューション事業等、最先端分野でリーディングカンパニーとして事業を展開しています。
“ハイテクプロセスをシンプルに”という企業ビジョンと共に更なる成長を目指して、積極的な研究開発、設備投資、事業投資を行っています。

《数字でわかる!日立ハイテク》
《社員インタビュー》
《求める人物像》

【那珂事業所での働き方】
・2011年に竣工した総合棟は、新しくてきれいな最新設備が特長です。
・天井部分を吹き抜けにしており、ステンドガラスから光が差し込む開放的な空間になっています。
・食堂は収容人数500名で、豊富な日替わりメニューから選ぶことが出来ます。「ライブキッチン」ではシェフが目の前で調理する出来立ての料理を楽しむことができます。
・食堂とコミュニケーションスペースが融合した作りになっており、簡単な打ち合わせからプロジェクターを用いた会議まで、幅広い用途で使用することができます。
・総合棟内にコンビニやカフェが併設されています。地元有名珈琲店のオリジナルブレンドを通常価格の約7割引(約150円)で提供しています。
・工場敷地近隣にバーベキュー場があり、休日には社員・家族とBBQやビアガーデンを楽しむことができます。社員同士のつながりが強く、アットホームな社風も魅力です。(※新型コロナウィルス感染症の感染拡大を受け、現在各種イベントの実施は見合わせています。)
・テニスコートと体育館もあり、スポーツで汗を流すこともできます。

【ひたちなか市の環境について】
・ひたちなか市は東京駅から電車で約1時間半。都市開発も進んでおり、大型ショッピング施設、映画館、遊園地、海水浴場、ゴルフ場等のレジャー施設が豊富にあります。
・新しい住宅街が増加しており、豊かな自然環境と快適なライフスタイル環境はひとり暮らしの方にとってはもちろん、ご家族での生活や子育てにも最適です。
・名産・特産品が多く、干し芋(生産量日本一)、アンコウ、蒸し蛸、地酒等、豊かな水と土地が育んだ食文化を堪能することができます。
参考動画:《ひたちなかの暮らし》~ひたちなか市に転居してきた社員とその奥様に聞きました~

勤務地

茨城県ひたちなか市
JR勝田駅 タクシー10分

●敷地内禁煙(屋外喫煙可能場所あり)

応募資格

【必須条件】
・WindowsをはじめとしたOSのソフトウェア・システム開発経験
・上流から下流工程までのソフト開発プロセス経験もしくは知識

【歓迎条件】
・大容量画像高速転送やライブ表示、GPU処理やAI関連の知識
・海外技術者とのコミュニケーション能力(TOEIC600点以上目安)
・電子顕微鏡を用いた解析経験

【求める人物像】
・世の中にない新技術を作ることに意欲的な方
・チームでのコミュニケーションが得意な方
・プログラミングに強いだけでなく、従来技術を応用しながら新技術を開発する「+α」の考えができる方


※応募者個人情報の第三者提供有り
<提供目的>
グループ募集を実施しているため、個人情報を各社へ提供いたします。あらかじめご了承ください。
<提供先>
株式会社日立ハイテク九州
株式会社日立ハイテクフィールディング

待遇

【想定年収】
500-800万 ※経験・能力を考慮し決定します。
※月給343,000円以上~(固定残業代含む)+賞与
※固定残業代は30時間分(70,600円~90,000円)但し、試用期間中は実残業時間分の残業手当を支給。

【待遇・福利厚生】
・給与改定年1回、賞与年2回(6月、12月)
・各種保険:健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
・諸制度 :退職金、企業年金、財形貯蓄、在宅勤務、フレックス勤務*、出産・育児支援、研修支援、自動車・自転車通勤 他
・諸手当 :通勤手当、家族手当、赴任手当、社員食堂・食事補助 他
・諸施設 :単身寮・借上社宅完備、保養所 他
*フレックス勤務制度は試用期間中は対象外となります。

【休日休暇】
完全週休2日制(土・日)、祝日、年間休日125日(2020年度)
有給休暇 総年次有給休暇:24日 入社直後に付与 備考:初年度日数は採用年月日による期間按分にて付与
年月日による期間按分にて付与
年末年始休暇、リフレッシュ休暇等

【勤務時間】
・フレックスタイム制(コアタイム無)
標準労働時間帯/8:30~17:00 ※勤務地により異なる
標準労働時間/7時間45分

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

日立ハイテクグループ

茨城県ひたちなか市 システムエンジニア(SE)・プログラマ ( IT・システムエンジニア・開発・運用系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

半導体製造装置、FPD/ハードディスク関連製造装置、汎用分析機器、解析装置、医用分析装置の製造/販売/サービス、及び産業/ITシステム、工業材料、電子デバイス/材料などの販売

株式会社日立ハイテクノロジーズ 事業分野
科学・医用システム・電子デバイスシステム・産業システム・先端産業部材

徹頭徹尾、細やかな気配りに満ちた“日立品質”を貫く

日立ハイテクグループは、お客さまへの細やかな気配りにあふれた "品質"にこだわり、"日立ハイテククオリティ"を半導体製造・検査装置、電子顕微鏡や医用・バイオ分析機器、鉄道車両検測装置や産業自動化設備などの製品領域と、先端産業部材領域から具現化しています。

“品質”という強い武器を携え、本気で世界の頂きをめざします

私たちはいま、「Challenge to Change」というスローガンを掲げ、 ハイテク・ソリューション事業全体でグローバルトップになろうと 呼びかけ合っています。 日立が永く培ってきた電子線技術や計測・分析技術などのコア技術と、 その応用技術の蓄積、そして“品質”という強い武器を携え、本気で世界の頂きをめざします。