株式会社 本田技術研究所の『次世代モビリティおよびインフラの研究開発(走行中充電システム)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

次世代モビリティおよびインフラの研究開発(走行中充電システム)

========================
<新型コロナウィルス対策実施中>
選考を受けていただく方の健康面を考え、当面の間、WEB面接を実施中です(WEB面接で内定まで完結)。

また従業員においては現在、臨時措置として在宅勤務制度を実施しており、収束後も積極的に推進していく方針です。
お客様、社員とその家族をはじめとするステークホルダーの安全確保のために、これからも感染拡大防止に最大限考慮した採用・受け入れ体制を整えて参ります。

※現在、対面での面接は実施しておりません。当面の間、WEBでの対応のみとなります
※入社時期については、状況に応じてご相談ください
========================
次世代モビリティおよびインフラの研究開発(走行中充電システム)業務をお任せ致します。

【募集の背景】
Hondaは、環境負荷ゼロ社会の実現に向け、CO2排出ゼロに重点を置き、自由な移動の喜びの提供と持続可能な社会の実現を目指しています。
10年後も20年後もその先も、より多くの人々に「喜び」を提供するために既存の枠に捉われない、新しい価値の創出に挑戦しています。
2030年までに商品ラインアップにおける販売数の3分の2をプラグインハイブリッドとハイブリッド、およびFCV・バッテリーEVなどのゼロエミッションビークルに置き換えることを目指す中、過去とは比べものにならないほど多様化するニーズに応えるため、そして"Blue Skies For Our Children(子供たちに青空を)"を実現するために新たな仲間を募集します。

【具体的には】
① 走行中充電EVシステム開発
・パワーユニットシステムのコンセプト立案
・パワーユニットを構成する各種コンポーネントの設計、および仕様検討
※コンポーネント例:統合制御ECU、オンボード走行中充電器、接触式集電機構、超急速充電バッテリーパック 等
・車両・パワーユニットシミュレーション、テスト、評価、および実車適合

② 走行中充電インフラシステム開発
・インフラシステムのコンセプト立案、事業性検証
※システム例: 接触式給電レーン、電力供給システム等
・国内外のお取引先(官公庁、インフラ系企業、輸送機器メーカー等)との協業開発

※将来的には海外駐在の可能性もございます。
※学術機関、研究機関での論文発表をしていただく可能性があります。

【開発ツール】
・設計:CAD 等
・解析・シミュレーション:MATLAB、SIMULINK 等
・通信:CAN 等

【業務の魅力】
技術の実現、プロダクトの開発、ユーザ先でのフィジビリティスタディまでを一連で手掛ける業務であり新しいモビリティ・インフラの研究により新しい価値を創造し、社会に貢献できます。
新しい技術に挑戦し、世の中に新しい価値を提案したいという思いを実現できるやりがいのある環境です。

【職場環境・風土】
「買う喜び、売る喜び、創る喜びを世界に広げる」を基本理念に、Hondaでは創業以来、数々の製品を生み出し続けてきました。役員から新入社員まで、あらゆる人材が自由な発想で、夢や理想を徹底的に追求する風土が根付いており、学歴や年齢に関係なく誰もがフラットに活躍できる職場環境です。積極的に仕事に向き合い、推進する力のある従業員には、入社直後であっても大きな仕事が任されます。「こんな製品を創りたい!」と自ら手を挙げてプロジェクトを立ち上げるような気概を持った方に、是非仲間に入っていただきたいと思います。

※2030年ビジョン実現に向けた技術開発の方向性については【こちら】
※Hondaの目指すエネルギー社会については【こちら】
※Honda Technology Newsは【こちら】
※Hondaの中途採用募集職種一覧は【こちら】

勤務地

●本田技術研究所 先進パワーユニット・エネルギー研究所(栃木県芳賀郡)
※将来的に海外事業所への異動の可能性があります。

応募資格

【求める経験・スキル】
●メカトロニクス領域に関する知見(研究開発・生産技術 等)
●自動車業界・大学等の研究機関におけるEV関連システム・コンポーネントの研究開発経験

【求める人物像】
●世界一、世界初にチャレンジしたい方
●役立つ喜びを広げることに強く共感いただける方
●自分の考え・アイデアを発信することが好きな方
●自ら行動でき、周囲を巻き込んで成果をあげられる方
●ものづくりにおいて高い主体性とリーダーシップを発揮できる方
●新しい技術への興味が高い方
●夢を持ち、高い目標を掲げてやりきるエネルギーのある方

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

株式会社 本田技術研究所

栃木県芳賀郡 機械・電気・電子の研究開発・応用研究 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

輸送用機器の研究開発 ※(株)本田技術研究所は、本田技研工業(株)の研究・開発部門が分離・独立した会社です。

設立
1960年7月1日
資本金
74億円

HONDA R&D Co.,Ltd.株式会社本田技術研究所

半世紀を超えるさまざまな技術の蓄積を基盤とし、常に時代をリードする技術開発や研究を行いながら、新しいモビリティーの提供を通じ、次世代に人と地球と社会に積極的に貢献していくことこそが、私たちに与えられた役割であると考えています。

Hondaの研究・開発期間として 新しいモビリティーの開発を通して、次世代に貢献します。

人が生きるということの尊さとその喜びを、一貫してHondaは何よりも大切に考えてきました。未来に希望を託して生きる世界中の人々のために、そして人を育んできた地球と社会のために、Hondaにしかできないことは何か―。私たちHonda R&Dは、Hondaの研究開発機関として存在しています。半世紀を越えるさまざまな技術の蓄積を基盤とし、常に時代をリードする技術開発や研究を行ないながら、新しいモビリティーの提供を通じ、次世代に人と地球と社会に積極的に貢献していくことこそが、私たちに与えられた役割であると考えています。 21世紀―Honda R&Dでは、さまざまな分野で未来に対する新しい挑戦が始まっています。