株式会社 本田技術研究所の『コネクテッドカー・サービス研究・開発(IVI及びデジタルコックピットの研究・開発におけるハードウエアシステムエンジニア)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

コネクテッドカー・サービス研究・開発(IVI及びデジタルコックピットの研究・開発におけるハードウエアシステムエンジニア)

車がつながることで、より安全で便利なモビリティ社会の実現をめざし、コネクテッドカー・サービスの
基盤となるソフトウェアプラットフォーム・組込みソフトウェア・アーキテクチャ設計におけるハードウェア開発をお任せします。

【募集の背景】
IoT時代に入り、車があらゆるものと接続され、新価値をお客様に提供する時代となっています。
Hondaにおいても「つながる技術」でお客様に新しい「喜び」をお届けるする商品・サービスの開発を強化しております。
今回は、モビリティの新しい可能性を探究し続け社会に役立つ次世代の商品・サービスをつくるための仲間の募集です。
さらなるイノベーションを巻き起こすため、自動車業界以外の方も歓迎です。
様々な英知を結集し、これまでにない新しいHondaを一緒につくりあげましょう。

【具体的には】

お客様に「感動」「安全」「便利・快適」をお届けするHondaならではの商品・サービス・技術提供に向けた
車載情報システム(デジタルコックピット等)やAIを搭載した知能化インフォテイメントシステムのアーキテクチャ設計における

●戦略に基づいたIVIシステムアーキテクチャ設計のハードウエア領域のリーディング
●ハードウェア(ECU、マイコン、SoC等)仕様策定および選定
●ハードウェアベンダーおよびソフトウェア開発部門との調整業務
●実車を用いた製品開発及び評価


※他部門や国内外のベンダー、研究機関など様々な関係者とコミュニケーションをとりながら開発業務を進めていきます。
海外出張など発生する可能性も大いにございます。
【魅力・やりがい】
新たな企業価値や車の価値をもたらす可能性を秘めた領域と考えており、
スキルや創造性、アイデア、強い想いを持っている方に
は大きな裁量が与えられチャレンジできる環境です。


※Hondaの中途採用募集職種一覧は【こちら】

※Honda Technology Newsは【こちら】

勤務地

●株式会社本田技術研究所

四輪R&Dセンター(栃木)
または
HondaイノベーションラボTokyo(六本木) 

※ご経験、専門性により勤務地は異なります。
将来的な転勤の可能性はございます。

※参考情報:宇都宮の暮らしについては【こちら】
※2019年3月現在

応募資格

【求める経験・スキル】

●SoC、マイコンなどの知識
●基礎的な電気回路知識及び電気・電子製品開発経験

【上記に加え、あれば望ましい経験・スキル】

●車載システム(IVI、メーター)におけるハードウエアUNIT開発経験
●IVIやメーターを含む車載システムのアーキテクチャー全体、又は一部の構築経験
●Bluetooth/WiFi/Ethernet/OTA/DISPLAYなどの開発経験
●英語でのコミュニケーション能力

【求める人物像】以下の想い・適性をお持ちの方
●自らの専門性にとらわれず、積極的にチームビルディングに参加できること
●チームに溶け込み、積極的なコミュニケーションを図ることができる方
●組織、チームの中でリーダーシップを発揮できる方
●新たな発想で技術提案、クリエイティブな顧客価値提案ができる方
●柔軟な考え方で技術課題解決に取り組める方
●自分の考えを積極的に発信し、周囲を巻き込んで課題解決の最良手段を見出せる力
●世界初の技術を創り出し、世の中に貢献したいという想いのある方
●クルマを通し、お客様に新たな価値を提供したいという想いのある方
●新しいことにチャレンジしたいという想いのある方
●高い目標を掲げてやりきるエネルギーのある方

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

株式会社 本田技術研究所

栃木県芳賀郡芳賀町、東京都港区 機械・電気・電子の研究開発・応用研究 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

輸送用機器の研究開発 ※(株)本田技術研究所は、本田技研工業(株)の研究・開発部門が分離・独立した会社です。

設立
1960年7月1日
資本金
74億円

HONDA R&D Co.,Ltd.株式会社本田技術研究所

半世紀を超えるさまざまな技術の蓄積を基盤とし、常に時代をリードする技術開発や研究を行いながら、新しいモビリティーの提供を通じ、次世代に人と地球と社会に積極的に貢献していくことこそが、私たちに与えられた役割であると考えています。

Hondaの研究・開発期間として 新しいモビリティーの開発を通して、次世代に貢献します。

人が生きるということの尊さとその喜びを、一貫してHondaは何よりも大切に考えてきました。未来に希望を託して生きる世界中の人々のために、そして人を育んできた地球と社会のために、Hondaにしかできないことは何か―。私たちHonda R&Dは、Hondaの研究開発機関として存在しています。半世紀を越えるさまざまな技術の蓄積を基盤とし、常に時代をリードする技術開発や研究を行ないながら、新しいモビリティーの提供を通じ、次世代に人と地球と社会に積極的に貢献していくことこそが、私たちに与えられた役割であると考えています。 21世紀―Honda R&Dでは、さまざまな分野で未来に対する新しい挑戦が始まっています。