株式会社ファイントゥデイ資生堂の『IMCプランニング(担当者)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

IMCプランニング(担当者)

【背景】
国内トップブランドの成長に携わる
国内トップシェアを誇る当社のブランドを各市場や地域にマッチさせ、「キレイ、美しい、かっこいい」という新しい価値観を浸透させていく仕事です。日々多様化する生活者のニーズに寄り添う中で、十人十色の感性に響く商品やブランドの開発に携わり、半期・一年という短期~十数年の長期スパンで成長戦略を描きながら、日本市場を起点に、中長期的には世界市場にも挑んでいきます。
スタートアップならではの風通しの良い社風
社内外から講師を招き情報をインプットしながら、各自が日ごろ直面している課題に対し、お互いにアイデアを出し合う機会が定期的にあります。また、違う拠点の同僚との親睦会も開催され、役職を持った目上の方に対しても、「さん付け」で呼び合うなど、社員間の距離が近く、繋がりを強く感じられる社風です。
スタートアップならではの意思決定のスピード感
現場から挙がった施策については、高頻度で開催される経営会議の中でシェアされ、その場で実行に関する意思決定がされるため、スピード感を持ってPDCAを回すことができます。
■【仕事内容】
① IMC戦略立案・実行:パートナーエージェンシー、社内のブランドチーム、PR担当、メディアバイイング担当、オウンドメディア担当、関連他部門と連携し、担当ブランドのIMCプランニングをリード。PESO (PAID/ EARNED/SHARED/OWNED)全てのタッチポイントをシームレスに活用し、コミュニケーションKPIを達成するIMC戦略立案・施策実行を行う。
② PDCA&ナレッジ共有:担当ブランドのIMCプランのPDCAをリード。 ROI・コミュニケーションKPI達成をレビューし、IMCプランの改善やネクストアクションにつなげる。また、他社や他カテゴリーの事例、IMCベストプラクティスを収集し、社内関連部門へ展開・活用する。

■【必須要件】
・事業会社・PR会社・広告代理店等で、IMCプランニングの戦略立案及び実行をリードしたご経験(経験年数目安:5年以上)
・他部門を含むクロスファンクションのプロジェクトをリードしたご経験
・PESO (PAID/ EARNED/SHARED/OWNED)全てのタッチポイントを活用したIMCプランニング経験、特にSNSやPR起点のIMCプランニングのご経験

■【歓迎要件】
・コミュニケーション施策の評価・効果検証のご経験
・日用品・化粧品業界経験者

■【関連記事】
メッセージVOL.01:代表取締役 社長 兼 CEO 小森哲郎
社員インタビュー VOL.01 マーケティング/K.A
社員インタビュー VOL.02 マーケティング/Y.H
Work Engagement VOL.01
よくある質問



【職種 / 募集ポジション】
IMCプランニング(担当者)

【雇用形態】
正社員

【給与】
応相談※経験・能力に応じて決定

【勤務地】
108-0075 東京都港区港南二丁目16番3号 品川グランドセントラルタワー 18階
地図で確認

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社ファイントゥデイ資生堂

東京都港区 システムエンジニア(SE)・プログラマ ( IT・システムエンジニア・開発・運用系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

パーソナルケア商品のマーケティング・販売

本店所在地
東京都港区港南二丁目16番3号 品川グランドセントラルタワー 18階
代表者
代表取締役 社長 兼 CEO 小森 哲郎
設立年月日
2020年8月19日
大株主および持株比率
株式会社Asian Personal Care Holding 100%

私たちのミッションについて

「ファイントゥデイ」は、100年以上の歴史を持つ資生堂の「ファイントイレタリー」部門から進化してきました。 ですから、私たちにとって「ファイン」という言葉は特別です。私たちは、つねに「単なる日用品」を超えて、「毎日を豊かにする素晴らしい製品」を届けようとしてきました。 その思いをFineという言葉に込めてきました。そして、一日一日こそが人生の基本であり、一日一日を豊かに生きるには、一瞬一瞬の豊かさを積み重ねることが大切。 その思いをTodayという言葉にこめています。今日というこの限られた日をファインな日にする。その積み重ねの先に、人生もファインにすることができるはず。 だれもが、元気に、気持ちよく今日は素晴らしいと言えるために、私たちは、今日という一日に、美も気持ちも豊かさも込めていきます。