中部電力株式会社の『資源循環ビジネス向け人財(営業・開発)【アライアンス推進室】』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

資源循環ビジネス向け人財(営業・開発)【アライアンス推進室】

【業務内容】
資源循環ビジネスの営業活動(案件発掘、契約交渉 等)

【具体的には】
・資源循環ビジネスの営業活動全般
(情報収集、事業スキーム検討、案件発掘、契約交渉・管理、社内調整・説明 等)
・その他プロジェクト推進に係る業務

【募集背景】
当社は、新たに資源循環ビジネスに取り組む方向性であり、中期的には、エネルギー事業以外の基盤事業の柱の一つとして、当該ビジネスを広く展開する必要があるものの、当該業務を担うスペシャリスト人財が社内に乏しいため、社外から人財を確保したい。

【当社について】
当社は創業から約70年間、中部地方のエネルギーを支えて参りました東証一部上場企業です。

2018年に策定した「経営ビジョン」に示す「コミュニティサポートインフラ」の実現のため、「脱炭素化」、「お客さま起点」、「デジタル化」をキーワードに、先端技術を活用したサービスの創出・提供に取り組み、「エネルギーとデータの地産地消」によって、持続可能な地域社会のエコシステムの形成を実現することを目指しています。

【募集部門のミッション】
電力業界を取り巻く環境は大きく変わっており、事業構造の変革や新たな収益源の確保が喫緊の課題となっていることから、中部圏を中心に資源循環ビジネス(廃棄物発電・リサイクル事業 等)を展開していく。

勤務地

本店
所在地:名古屋市東区東新町1
アクセス:地下鉄栄駅から徒歩約5分・高岳駅から徒歩8分

【喫煙による従業員の健康被害防止の取り組み】
「就業時間中の禁煙」および「原則として当社敷地内における禁煙」

応募資格

【必須】
・資源循環事業(廃棄物関連)での実務経験(メーカー・コンサル等含む)

【歓迎】
・PPP/PFIに関する知見・実務経験

待遇

【雇用形態】
契約社員
期間:~12ヶ月
更新:有(1年更新)
試用期間:無
【給与】
想定年収400万円~ (経験等をふまえ個別決定)
年俸制(基本年俸:分割回数12回、業績年俸:1回)
主な所定時間外等割増賃金:時間外・休日時間外・深夜労働 各手当
【就業時間】
フレックスタイム勤務制(コアタイム:無)
1日の標準労働時間07 時間40分
【休憩時間】
60分(勤務時間が6時間を超える場合)
【休日】
年間122日
(内訳)月別休日96日(8日/月)、通年休日26日(最大6日/月設定可)
※個人毎に毎月業務予定に応じて休日を設定する「計画休日制」。最低週1日の休日設定は必須。(土曜・日曜・祝日、年末年始、GW等を休日設定する方が多くなっています。)
【休暇】
普通休暇20日/年(年度途中で採用の場合は月割)、
ライフ・サポート休暇(傷病・介護・看護等)、
特別休暇(夏季3日はじめ、結婚・忌服のとき等)
【手当】
通勤手当(会社規定に基づき支給)
【社会保険】
健康保険(介護保険)、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

中部電力株式会社

愛知県名古屋市 営業・企画営業 ( 営業系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます
リクナビNEXT会員ならスムーズに応募ができます。 ※遷移先ページの一番下の「スマート応募」ボタンをクリックしてください

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

再生可能エネルギー事業、原子力事業、海外事業、コミュニティサポートインフラ関連事業など

本店所在地
〒461-8680 名古屋市東区東新町1番地
代表者
代表取締役社長 社長執行役員 林 欣吾
設立
1951年(昭和26年)5月1日
資本金
4,307億円
従業員数
3,092名

中部電力グループは、エネルギーインフラの革新を通じて、新たな社会に貢献してまいります。

2050年の日本の社会は、社会インフラの高度化を通じて、「脱炭素に挑戦し、「安心・安全」な「循環型社会」へ進化していくものと考えます。自然豊かで、農業・工業が盛んな中部地域の特性を活かし、循環型社会の促進、自立分散型システムの導入の促進・導入を支える基盤を提供し、日本全体、そして世界へ中部地域の取り組みを発信してまいります。

レジリエントで最適なエネルギーサービスの提供

エネルギープラットフォームの目指す姿として中部電力グループは、再生可能エネルギーの導入拡大により、電気の流れが変化する中でも電源の広域的な活用と、地産地消の進展を料率する次世代送配電網を整備し、安定供給・レジリエンス向上に努めます。