株式会社東海理化の『機構設計・機械設計の技術職 (セキュリティ技術部)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

機構設計・機械設計の技術職 (セキュリティ技術部)

【職務概要】
当社のセキュリティ事業部にて、シフトレバー、キーロックなどの
機構設計・構造設計業務をお任せします。現在、特にシフトレバー製品の引き合いが好調なことからシフトレバーにかかわる製品からお任せすることが多くなります。


【製品概要】
機構設計者として、主な製品設計はシフトレバーやキーロックになります。新規開発製品のシフトバイワイヤーシフターは(シフトレバー)がバイワイヤ化になることで、運転席周りのデザイン性が向上し、また操作フィーリングを向上することができることから、多くの自動車への搭載が進んでいます。
今後のシフトレバーは、単なるレバーや樹脂製の機構部品だけではなくモーターを用いて駆動する機構部品も搭載されるていくでしょう。

ダイカスト製品であるキーロックの担当になることもあります。
セキュリティ技術部では様々な素材・工法・機構の設計経験を積むことが可能です。

今後、自動運転技術が発展すると、シフトチェンジも自動化されることが想定されます。自動的に車を停止して、ドライブレンジからパーキングレンジに変更する。このような使用シーンを想定すると、シフトレバーのあり方も大きく変わってきます。
今までの以上にメカトロニクス化が進み、より高い品質が求められていくため、まだまだ発展の余地があります。


【仕事の魅力】
前職が自動車業界ではなかった社員でも、入社早々重要プロジェクトに参加している者もいます。中途社員でも垣根なく働けるのはセキュリティ技術部の魅力です。



【このページをメールで転送される方はここをクリック】

勤務地

東海理化 本社
愛知県丹羽郡大口町豊田三丁目260番地

※小牧北インターチェンジから5分程度

応募資格

何かしらの機械設計のご経験をお持ちの方。もしくは、機械系、電気電子系、物理系学部学科を卒業し、機械設計をやりたいという想いをお持ちの方。

待遇

【年収例】
・25歳独身:420万円程度(残業手当30時間/月含む)
・30歳独身:520万円程度(残業手当30時間/月含む)
・33歳妻・子一人:560万円程度(残業手当30時間/月・家族手当含む)

【勤務時間】
8:30~17:20 所定労働時間8時間 休憩時間50分
フレックスタイム制度あり

【家賃補助】
現住所が勤務地から50キロ以上離れていて、実家も50キロ以上離れた場所にある方に関して、上限30,000円/月として3年間の家賃補助制度あり

【高速道路通勤】
・自宅が勤務地より25キロ以上離れている方には片道の高速代金支給
・自宅が勤務地より30キロ以上離れている方には往復の高速代金支給

 ※ETCを使用することが支給条件になります。

【試用期間】
・3か月

【有給休暇】
・入社後3か月後に付与
・最大年間20日

【年間休日】
121日(トヨタカレンダー)

【社員食堂】
一食200円~500円程度で使用可能

【昨年度平均有給休暇取得日数】
17.1日

【平均勤続年数】
16.3年

入社後はブラザー制度(メンター制度)あり

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社東海理化

愛知県丹羽郡 機械・金型設計 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

(主要製品) 自動車用各種スイッチ、キーロック、シートベルト、シフトレバー、エレクトロニクス応用製品、ステアリングホイール、コネクター、ミラー、樹脂ホイールカバー、オーナメント

設立
1948年8月30日
資本金
228億円(平成28年3月末現在)
売上高(連結)
4,762億円(平成27年4月1日~平成28年3月31日)
経常利益(連結)
346億円 (平成27年4月1日~平成28年3月31日)
当期純利益(連結)
55億円 (平成27年4月1日~平成28年3月31日)
従業員数
17,720人 (平成28年3月末現在)

感動をかたちに

私たち東海理化は、人の意志をクルマに快適に伝えるヒューマン・インターフェイス部品をはじめ、財産としてのクルマを守る安心のセキュリティ部品、人の生命を安全に守るセイフティ部品など、人とクルマがふれあい、対話する製品づくりを通じて、クルマのある豊かな社会づくりに貢献してきました。そして次の時代に向けて。私たちは、さらに新たな価値を提供するシステムサプライヤーへと歩みを進めていきます。人とクルマの間に生まれる新たな感動をかたちに―――。これまでも、これからも、変わらぬ東海理化のテーマです。