マツダ株式会社の『動力施設管理(石炭火力発電プラントの運営業務)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

動力施設管理(石炭火力発電プラントの運営業務)

1)火力発電プラント設備の改善
・補修・投資案件に掛かる長期計画の立案、推進
・年度計画の立案、工事手配から工事監理、検収手配業務
・法定検査工事や設備改造に伴う、監督官庁への届出・報告業務
・運転保全上の設備トラブルへの緊急対応・原因調査業務
・設備の効率的運転や環境負荷低減の研究、改善 等
2)エネルギー供給計画の立案と実績管理
・生産計画、設備保全計画に基づくエネルギー供給計画の立案と実績管理
・上記計画に伴う燃料・補助材の調達計画立案と実績管理
・エネルギー供給実績や環境負荷実績等の監督官庁報告業務
・予備品、資産管理における、監督官庁、監査法人対応 等
3)エネルギー戦略の構築
・エネルギー需要と供給のバランス考察、エネルギーセンター将来像の構築 等

上記ミッションの中からご経歴に応じて業務をお任せします。
入社後数週間はプラント技術部で研修を実施。
(この期間の勤務時間は9:00-17:45)
各設備のことを覚えて頂き、補修工事の計画立案、補修の仕様書、
工事発注の手配書、工事を行う際の工事管理の補助等からスタート頂きます。
将来的には資格取得も含め、業務の幅を拡げて頂くようなローテーションを実施します。

工場の安定的な稼働を支えるプラント設備の運営、改善がミッション。
変化するマツダのクルマづくりを考慮した最適なエネルギー供給を担うことがテーマです。

勤務地

本社/広島県安芸郡府中町新地、広島市南区仁保沖町1番1号
※当初は上記勤務予定。将来的には防府(山口県)への転勤可能性があります。
※U・Iターン歓迎。独身寮(家賃月2万円)を完備しています。
※引越し費用・交通費は、当社規定により支給します。

応募資格

■MUST
1)高専・短大卒以上、機械系または電気系の修了者
2)社会人として3年以上の経験があり、仕事への意欲・情熱がある方
3)以下のいずれかの業務経験がある方
 ・プラント関連設備の運営、施工管理、工事監理のいずれかの業務経験
 ・機械や電気の設備設計業務経験
4)パソコンを使った入力、書類作成業務が可能な方

■WANT
1)発電プラント設備の建設または運営業務の経験者
2)ポンプ、ファン等の機械設備もしくは継電器、変圧器等電気設備等
  のプラント関連設備の施工管理、設備保全、メンテナンス、運営、
  工事監理
3)エネルギー管理士、公害防止管理者(大気3種)、ボイラー技士、
  電気工事士等の資格保有者

待遇

●勤務形態 常日勤業務
●勤務時間  8:00-16:45
●給与 月給20万円以上※経験・能力を考慮し優遇
●想定年収 400万円~800万円 ※経験・能力を考慮し優遇
●昇年1、賞年2、通勤費支給、各社保完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など
●週休2日制(土・日)、祝 ※年数回土曜・祝日出社有り 年間休日121日(GW・夏季・年末年始等)
●有給休暇(半日有給制度有)

求人企業の応募フォームに直接応募できます

マツダ株式会社

広島県安芸郡 機械・電気・電子の生産・品質管理・検査関連 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

乗用車・トラックの製造、販売等 ■革新的技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品を続々と発売。マツダが生み出す数々のクルマは高く評価され、国内外で数々の賞を受賞しています。「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高い次元で両立させたクルマで、人々に感動を提供します。

設立
大正9年(1920年)1月30日
資本金
2,589億5,709万6,762円
本社
〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1
代表者
代表取締役 社長兼CEO 小飼 雅道
従業員数
単体 男性: 19,424名 女性: 1,854名 合計: 21,278名(出向者を含む) 連結 合計: 40,892名

コーポレートビジョン

私たちはクルマをこよなく愛しています。 人々と共に、クルマを通じて豊かな人生を過ごしていきたい。 未来においても地球や社会とクルマが共存している姿を思い描き、 どんな困難にも独創的な発想で挑戦し続けています。 1. カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します。 2. 地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供します。 3. 挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な“道(どう)”を極め続けます。