マツダ株式会社の『購入品品質保証』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

購入品品質保証

■品質部門全体のミッション
お客様にお届けする1台1台の品質にこだわり、
安心・安全に「走る歓び」を体感頂く為に
グローバルで開発~製造における品質を磨くことが部署全体のミッションです。

■募集の背景
新世代商品の品質確保に向けて、
購入品の品質保証をさらに強化することが必要になっているため。

■職務内容
当社が購入する部品において、部品品質保証のために以下の業務を行います。
1)開発段階からサプライヤーと良品を生産するための工程造り込みを確認
2)サプライヤーの工程監査と改善指導
3)量産時の品質問題の迅速解決推進と再発防止の徹底

<詳細>
・過去は 3) の日々発生する課題への対応が中心でしたが、
現在~今後は、課題が発生しないよう事前段階で造り込みを
 行うべく、1)、2) を強化しています。
・入社後は各部品担当毎のリーダーにつき、1)、2) を経験して
 頂きながら、 マツダ流の手法を体感・習得して頂きます。
・チームは部品毎に分かれており、また 1)、2) と 3) で
 職務内容毎に分かれています。
 ローテーションをしながら幅広く経験を積んで頂きます。
・プロジェクトの流れ:開発、購買、生産技術、品質等各部門が
 一体となって、クルマとして目指す機能進化の実現に向けた
 サプライヤーとの協業検討を行います。
 実際にサプライヤーを訪問して、品質視点で審査、改善指導を行います。
・海外接点:場合により海外のサプライヤーも担当します。
 日本窓口の方がいるケースや、現地エンジニアの方と英語で
 直接話すケースもあります。

■キャリアプラン
品質関連の部門を数年単位目途でキャリアローテーションしていきます。

勤務地

広島本社工場(広島県安芸郡府中町新地3-1)
防府工場(山口県防府市西浦888-1)

※勤務地はご希望を踏まえて決定いたします。
※U・Iターン歓迎。独身寮(家賃月2万円)を完備しています。
※引越し費用・交通費は、当社規定により支給します。

応募資格

■MUST(何れか)
・製造業の品質関連の経験(品質保証、品質改善、品質管理)がある方
・製造工程に関わる経験があり、生産性、品質、コスト改善等の知識経験がある方

■WANT
・セットメーカーで購入部品の品質管理、品質改善の経験がある方
・サプライヤー側の立場で、上記品質関連の折衝、対応経験がある方
・ISO9001などの品質マネジメントシステムに関する一般的な知識
・英語のコミュニケーションに抵抗がない方、入社後の英語力向上に意欲的な方

待遇

●勤務時間 8:15~17:00
フレックスタイム制(コアタイムなし)※標準労働時間/1日8時間
●給与 月給20万円以上※経験・能力を考慮し優遇
●想定年収 400万円~800万円 ※経験・能力を考慮し優遇
●昇年1、賞年2、通勤費支給、各社保完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など
●週休2日制(土・日)、祝 ※年数回土曜・祝日出社有り 年間休日121日(GW・夏季・年末年始等)
●有給休暇(半日有給制度有)

求人企業の応募フォームに直接応募できます

マツダ株式会社

広島県、山口県 機械・電気・電子の生産・品質管理・検査関連 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

乗用車・トラックの製造、販売等 ■革新的技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品を続々と発売。マツダが生み出す数々のクルマは高く評価され、国内外で数々の賞を受賞しています。「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高い次元で両立させたクルマで、人々に感動を提供します。

設立
大正9年(1920年)1月30日
資本金
2,589億5,709万6,762円
本社
〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1
代表者
代表取締役 社長兼CEO 小飼 雅道
従業員数
単体 男性: 19,424名 女性: 1,854名 合計: 21,278名(出向者を含む) 連結 合計: 40,892名

コーポレートビジョン

私たちはクルマをこよなく愛しています。 人々と共に、クルマを通じて豊かな人生を過ごしていきたい。 未来においても地球や社会とクルマが共存している姿を思い描き、 どんな困難にも独創的な発想で挑戦し続けています。 1. カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します。 2. 地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供します。 3. 挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な“道(どう)”を極め続けます。