マツダ株式会社の『HRソリューション』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

HRソリューション

1 マツダの各事業部(車両開発部門、生産技術部門、IT部門、
 購買部門等マツダ内での各組織)のHRビジネスパートナー
 として、本部・組織に対するコンサルティングをおこない、
 組織/人材上の課題形成、対策提案および実行をおこない、
 各本部のビジネス推進を支援する

※主なソリューション対象:採用、人材育成、配置・活用、
 評価/昇進、タレントマネジメント/リーダー育成、風土改革など
※担当頂く事業部の人事戦略立案~実行~改善との一連の業務を
 推進します

2 各種人事制度の運用企画と実行推進
上記事業部の人事制度の企画立案と併せてマツダ全社の人事制度
の企画立案も推進頂きます。
各事業部の人事課題とマツダ全社の人事課題を分析し、
最適な制度設計を目指します。


【募集背景】
当社の人事運用において、これまでの全社画一的な制度・運用から、
全社戦略との整合を図りつつ、現場・個人にフォーカスした制度・
運用へのシフトが求められている。

マツダの人事部門では2007年よりHRビジネスパートナー機能を設置、
機能別本部組織への戦略人事コンサルティングを推進してきているが、
2013年より全社一丸で推進しているブラント価値経営実現のためには、HRビジネスパートナー機能の更なる強化が必要となっている。

この重要課題に対し、部門マネジメントと協働してありたい姿を描き、
組織/人領域における課題へのソリューションが考えることの
できる方をお待ちしています。

勤務地

本社/広島県安芸郡府中町新地3-1
※U・Iターン歓迎。独身寮(家賃月2万円)を完備しています。
※引越し費用・交通費は、当社規定により支給します。

応募資格

【必須要件】
大学卒以上(または同等の基礎知識をお持ちの方)で、
下記条件のいずれかを満たす方

●企画力(抽象的な物事・考え方を具体化していく論理的思考)/
 問題解決力に自信のある方
●部門、自社、国を超えた異文化メンバーとの
 クロスファンクショナルなメンバーとの協働活動の経験

【歓迎要件】
●人事業務(制度企画、タレントマネジメント、採用、教育、評価、
 報酬、労務管理等)における企画・運用の経験
●経営者、事業責任者との対話を通じたニーズ確定、
 課題提案と実行の経験(人事領域に関わらず、
 営業コンサルティングでも可)
●製造業における人事企画、労務業務の経験(目安として3年以上)
●HRビジネスパートナーとしての業務経験
●人事系コンサルタント経験
●チーム/組織のマネジメント経験
●海外拠点での人事業務経験がある方

待遇

●勤務時間 9:00~17:45
フレックスタイム制(コアタイムなし)※標準労働時間/1日8時間
●給与 月給20万円以上※経験・能力を考慮し優遇
●想定年収 400万円~800万円 ※経験・能力を考慮し優遇
●昇年1、賞年2、通勤費支給、各社保完、退職金、独身寮(家賃月2万円)など
●週休2日制(土・日)、祝 ※年数回土曜・祝日出社有り 年間休日121日(GW・夏季・年末年始等)
●有給休暇(半日有給制度有)

求人企業の応募フォームに直接応募できます

マツダ株式会社

広島県安芸郡 人事 ( 事務・管理系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

乗用車・トラックの製造、販売等 ■革新的技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品を続々と発売。マツダが生み出す数々のクルマは高く評価され、国内外で数々の賞を受賞しています。「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高い次元で両立させたクルマで、人々に感動を提供します。

設立
大正9年(1920年)1月30日
資本金
2,589億5,709万6,762円
本社
〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1
代表者
代表取締役 社長兼CEO 小飼 雅道
従業員数
単体 男性: 19,424名 女性: 1,854名 合計: 21,278名(出向者を含む) 連結 合計: 40,892名

コーポレートビジョン

私たちはクルマをこよなく愛しています。 人々と共に、クルマを通じて豊かな人生を過ごしていきたい。 未来においても地球や社会とクルマが共存している姿を思い描き、 どんな困難にも独創的な発想で挑戦し続けています。 1. カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します。 2. 地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供します。 3. 挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な“道(どう)”を極め続けます。