マツダ株式会社の『車両領域生産技術 プラスチック領域』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

車両領域生産技術 プラスチック領域

1.プラスチック部品製造工程の開発業務(生産技術領域)
バンパー生産ラインの樹脂成形関連設備の導入および技術開発業務
・バンパーの生産ライン設計~生産工程設計
・同ラインの設備工事~量産立ち上げ
・樹脂材料・設備開発を含めた樹脂成形工程の新たな技術開発

※新規募集職種※
2.金型製作のQCDに関わる工場管理業務
自動車生産に必要なツール(金型)製作に関わる以下の業務
①実施計画の立案と定められた品質・納期・数量の生産達成
②人員・設備等資源の管理・有効活用とコスト低減計画の立案・推進
③問題把握(QCD)と分析・改善実施
④金型および成形品の品質保証
⑤人材育成の計画立案・実施

●対象製品、業務内容イメージ
バンパーなどの樹脂製品の分野で30トンクラスの金型、
射出成型の製作から量産までの工程を担当頂く予定です。
金型設計は別の部署にて行いますが、設計をもとに必要な
金型の製作を行い、品質評価・育成を経て量産準備を整えます。

金型製作は複数名の技術員と10名以上の現場作業者が担当しますが、
そのスタッフの方とコミュニケーションを取りながら、
製作工程の管理を行います。

勤務地

本社/広島県安芸郡府中町新地3-1
※U・Iターン歓迎。独身寮(家賃月2万円)や社宅を完備しています。
※引越し費用・交通費は、当社規定により支給します。

応募資格

1.プラスチック部品製造工程の開発業務(生産技術領域)
【必須要件】
高卒以上でCAD図面が読める方で
樹脂関連の射出成型機の
・設備設計
・設備導入工事
・量産化ラインの立ち上げ
の経験がある方
※自動車業界に限らず、住設機器・家電などの樹脂製品ラインの方も可

【尚可要件】以下の経験のある方
樹脂部品の設計
金型の設計
成形設備の開発・設計


※新規募集職種※
2.金型製作のQCDに関わる工場管理業務
【必須要件】以下要件を満たす方
・高卒以上
・金型製造工場での技術員あるいは現場管理業務3年以上の方
・モノ造りに興味があり、自らの手を汚し・額に汗すること
・明るい性格、協調性・対人折衝能力があること。

【尚可要件】
・鉄製品・アルミ製品・ダイキャスト・樹脂金型の知識があり、
 業務においても活用されている方
・家電製品(プリンター・TV・冷蔵庫・エアコン・掃除機等)
 の筺体・樹脂金型設計・金型製造工程の業務経験
・金型メーカーにおける技術職種の経験

待遇

●勤務時間:
1.プラスチック部品製造工程の開発業務(生産技術領域)
通常勤務時間 9:00~17:45

2.金型製作のQCDに関わる工場管理業務
通常勤務時間 8:15~17:00

※1.2とも
フレックスタイム制(コアタイムなし)標準労働時間/1日8時間

●給与 月給20万円以上

●想定年収 400万円~700万円 ※経験・能力を考慮し優遇

●昇年1、賞年2、通勤費支給、各社保完、退職金、独身寮(家賃月2万円)、社宅など

●週休2日制(土・日)、祝 ※年数回土曜・祝日出社有り 年間休日121日(GW・夏季・年末年始等)

●有給休暇(半日有給制度有)

求人企業の応募フォームに直接応募できます

マツダ株式会社

広島県安芸郡 機械・金型設計 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

乗用車・トラックの製造、販売等 ■革新的技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品を続々と発売。マツダが生み出す数々のクルマは高く評価され、国内外で数々の賞を受賞しています。「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高い次元で両立させたクルマで、人々に感動を提供します。

設立
大正9年(1920年)1月30日
資本金
2,589億5,709万6,762円
本社
〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3-1
代表者
代表取締役 社長兼CEO 小飼 雅道
従業員数
単体 男性: 19,424名 女性: 1,854名 合計: 21,278名(出向者を含む) 連結 合計: 40,892名

コーポレートビジョン

私たちはクルマをこよなく愛しています。 人々と共に、クルマを通じて豊かな人生を過ごしていきたい。 未来においても地球や社会とクルマが共存している姿を思い描き、 どんな困難にも独創的な発想で挑戦し続けています。 1. カーライフを通じて人生の輝きを人々に提供します。 2. 地球や社会と永続的に共存するクルマをより多くの人々に提供します。 3. 挑戦することを真剣に楽しみ、独創的な“道(どう)”を極め続けます。