株式会社神戸製鋼所の『◆電気・制御設備のエンジニアリング業務(鉄鋼事業部門 加古川製鉄所 制御部 制御技術室)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

◆電気・制御設備のエンジニアリング業務(鉄鋼事業部門 加古川製鉄所 制御部 制御技術室)

当社加古川製鉄所内の電気・制御設備のエンジニアリング業務に携わって頂きます。プロジェクトマネジネント含めた、大規模な設備のエンジニアリングを担っていただきます。ご経験に応じて、最初にお任せする業務やキャリアプランは考慮致します。
壮大な鉄鋼設備の建設改造ができ、電気技術者として様々技術分野でのキャリアを積む事ができます。

※加古川製鉄所:生産工程は20~30工程あり、数万種類の製品を製造しております。

【業務上活用するツール】
PC(エクセル、ワード等)

【仕事のやりがい】
・自身が携わった設備が20年以上、使われていきます。責任はありますが、設備が完成し稼働した際は非常にやりがいを感じます。ビジネス・ものづくりに直結する仕事です。
・若いうちからプロジェクトマネジャーの仕事を経験でき、主担当として幅広い業務経験が可能。

【加古川製鉄所】
加古川製鉄所では、自動車や家電製品、船やビル、橋のケーブルなどに使われる鉄鋼製品を生産しています。

また、加古川製鉄所の競争力強化に向けて、2基目の脱りん炉を建設することを決定しました。総投資額は約90億円で2016年度には着工の予定です。

加古川製鉄所では、2014年4月から脱硫設備2基と脱りん炉1基を備えた新溶銑処理工場が稼働中ですが、2基目の脱りん炉はこの新溶銑処理工場の中に新たに増設するもので、既設の脱りん炉と同様に上・底吹きガス攪拌の転炉型の設備となります。

当社は既に発表している通り2017年度に神戸製鉄所の上工程を加古川製鉄所に集約いたします。本投資は、集約後の生産体制における更なるコスト競争力強化と高付加価値製品への対応力向上が狙いです。

2017年度に営業運転を開始し、年間20億円強のコストダウンを達成するとともに、オンリーワン製品に代表される高付加価値製品への更なる対応力向上を進めてまいります。
http://www.kobelco.co.jp/products/visual_tour/kakogawa_works/

勤務地

加古川製鉄所(兵庫県加古川市金沢町1)
近畿

応募資格

【学歴】
・高専卒以上
・電気・電子系の学部学科専攻

【必須】
・電気・制御・計測のいずれかに関する知識・経験をお持ちの方
・社内外含めた折衝業務に対応可能な方

【歓迎】
・工場設備に携わったご経験

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社神戸製鋼所

兵庫県 機械・電気・電子の生産・品質管理・検査関連 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

■部門(関連)/鉄鋼、溶接、銅・アルミ、機械、エンジニアリング、不動産、その他■製品品目/鉄鋼、溶接、アルミ、銅、チタン、新素材、産業機械、プラント等の製造販売※鉄鋼製品をメインに溶接材料や溶接ロボット、アルミ・銅等の非鉄金属、電力等の事業を行っています【販売先】大手自動車メーカーから鉄工所まで多種多様

創立
1905年9月1日
設立
1911年6月28日
資本金
2,509億円(2015年3月31日現在)
社長
川崎 博也
従業員数
連結 36,420人(2015年3月31日現在) 単体 10,609人(2015年3月31日現在、出向者を除く)

~KOBELCOは信頼の証です!~

「KOBELCO」は神戸製鋼グループの統一ブランドです。 多様な事業を抱える当社グループが、グループとしての総合力を発揮していくためには、それぞれの事業の垣根を越えた活動が不可欠です。グループ内に一体感を醸成しながら、グローバルに事業を展開していく旗印となるのが「KOBELCO」です。 「KOBELCO」が信頼の証として、世界中のステークホルダーから支持されるよう、様々な社会のニーズに応えていきます。今後、CFや平面広告など様々な媒体で「KOBELCOのブランディング」を展開して参ります。