株式会社神戸製鋼所の『◆大型圧縮機の機械設計・開発(機械事業部門 圧縮機事業部 回転機技術部(スクリュ室)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

◆大型圧縮機の機械設計・開発(機械事業部門 圧縮機事業部 回転機技術部(スクリュ室)

○非汎用圧縮機の設計業務。
・非汎用機種ゆえに、都度、担当者の独自の設計が可能です。
また、携わる圧縮機は個人が全体に目を配りうる最大サイズの機種となります。以下詳細です。

 ■スクリュ圧縮機
 ・設計及び開発業務(受注オーダのプロジェクト業務、圧縮機本体の開発・設計)
 ・携わる製品は、石油精製・石油化学・発電用途・化学プラントに使われる
大型非汎用スクリュ圧縮機です。
  最高圧力・最大流量の技術、シェアともに世界一を誇る製品です。
 ・グローバル展開を積極的に推進中であり、欧・南北米、アジア圏、中近東など
世界中のエンドユーザが相手になります。
 ・業界を常にリードする立場で10年先を見た仕事ができます。

勤務地

高砂製作所
近畿

応募資格

○学歴
 高専卒以上、
 工学部出身者(機械学科出身者歓迎)

○求めるスキル
 必須:
  機械設計に関する知識をお持ちの方
  もしくは、プロジェクトマネジメント経験をお持ちの方

※応募にあたって※
下記2点について、応募時の書類または申し送り事項に回答を記載ください。下記2点について触れていれば、形式は問いません。
書類に記載される際は、「応募にあたって」や「応募動機」等の項目で記載頂ければと思います。
【事前記載項目】
・当社に興味を持たれたきっかけ(または当社機械事業部門に興味をもたれたきかっけでも可)
・大型の一品一様製品の設計に対してのお考え(または、回転機の設計に対してのお考え)

  尚可:
 ・対人との折衝経験をお持ちの方
 ・TOEIC500点以上、海外向仕事・駐在に対して積極的な方。
 ・回転機械の経験のある方は歓迎いたします。
  ・流体機械設計または取扱い経験者
  ・高圧ガスの取扱い経験。
  ・海外プロジェクトに関する知識、経験

  ・機械系でTOEIC900点以上の外国籍の方も可。

○求める人物像
 元気で何事にも積極的な方。
 物怖じせず、人(他部署・客先)とのコミュニケーションに抵抗ない方。

○業務上活用する機器
 パソコン(Word、Excel、PowerPoint、Access)
 CAD(I-CAD、AutoCAD、2D/3D CAD)

待遇

<福利厚生>
・入社時:転居を伴う場合、引っ越し代が支給
・寮、社宅制度:独身寮(満35歳未満の独身者および単身赴任者)社宅(入居から12年間利用可)
※自己負担3~5万円程度にて入居可能
・カフェテリアプラン(年間8万円相当)
・階層別研修、専門別研修、社内語学研修など充実
・両立支援:育児休業(3歳まで)、時短勤務(小学校卒業まで)、在宅勤務制度など充実

※参照:
<社員が働きやすい環境づくりへの取り組みについて>
http://www.kobelco.co.jp/about_kobelco/csr/kaiji/report/2015/pageview/pageview.html#page_num=55

求人企業の応募フォームに直接応募できます

株式会社神戸製鋼所

兵庫県高砂市 機械・金型設計 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

■部門(関連)/鉄鋼、溶接、銅・アルミ、機械、エンジニアリング、不動産、その他■製品品目/鉄鋼、溶接、アルミ、銅、チタン、新素材、産業機械、プラント等の製造販売※鉄鋼製品をメインに溶接材料や溶接ロボット、アルミ・銅等の非鉄金属、電力等の事業を行っています【販売先】大手自動車メーカーから鉄工所まで多種多様

創立
1905年9月1日
設立
1911年6月28日
資本金
2,509億円(2015年3月31日現在)
社長
川崎 博也
従業員数
連結 36,420人(2015年3月31日現在) 単体 10,609人(2015年3月31日現在、出向者を除く)

~KOBELCOは信頼の証です!~

「KOBELCO」は神戸製鋼グループの統一ブランドです。 多様な事業を抱える当社グループが、グループとしての総合力を発揮していくためには、それぞれの事業の垣根を越えた活動が不可欠です。グループ内に一体感を醸成しながら、グローバルに事業を展開していく旗印となるのが「KOBELCO」です。 「KOBELCO」が信頼の証として、世界中のステークホルダーから支持されるよう、様々な社会のニーズに応えていきます。今後、CFや平面広告など様々な媒体で「KOBELCOのブランディング」を展開して参ります。