株式会社日立製作所の『現地指導員(監督)等のフィールド系エンジニア』の求人情報

現地指導員(監督)等のフィールド系エンジニア

原子力発電プラントの予防保全工事案件に関する,現地工事の現場管理業務全般をご担当頂きます。



【具体的な仕事内容】
・主にタービン設備点検・修理工事計画
・工程/人員計画、進捗管理
・安全衛生管理、環境管理業務等


【仕事の魅力】
・現地工事を円滑に進めるため、必要不可欠なポジション。大規模な現地工事を取り纏めるという非常にやりがいのある仕事です。
・発電プラントという重要かつ影響の大きな社会インフラの設計に携わり、持続可能な社会の発展に貢献できます。
・様々な人と関わり合いながら業務を推進いただきますので、ヒューマンスキルの向上を果たすことができます。


【キャリアプラン】
[5年後]
 タービン設備点検・修理工事現地取り纏め
[10年後]
 現地管理業務マネージャー


【背景】
急激な人口増加や新興諸国の都市化に伴い、資源やエネルギーの安定確保と供給は、地球規模での重要なテーマとなっています。当社では、国内既設プラントの再起動や復旧作業、海外での新規建設などに向けたエンジニアリングを鋭意推進しています。
今回は、世界的な需要増加と原子力発電所の安全性向上の推進に当たり、現地での工事管理(主に電気・計装工事)が出来る人材の増強が必要であり、人材を追加募集するものです。

勤務地

茨城(日立)及び国内原子力発電所立地各地

応募資格

・原子力発電プラント及び火力発電プラントで蒸気タービンの機器据付、定期検査(建設工事も可)の現場担当者経験を有すること

[課程] 高校卒以上
[専攻] 電気
[地域] 日本国内の高校

待遇

想定年収:500万~1000万
※経験・年齢・能力を考慮し、当社規定により優遇します。

株式会社日立製作所

茨城県日立市 電気工事関連 ( 建築・設備・土木・工事系 )

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

電力・エネルギー、産業・流通・水、アーバン、金融・公共・ヘルスケア

創業
明治43 (1910) 年
設立
大正9 (1920) 年2月
資本金
458,790百万円(2017年3月末現在)
代表者
代表執行役 執行役社長兼COO 東原 敏昭
従業員数
35,631名(2017年3月末日現在)
連結従業員数
303,887名(2017年3月末日現在)
本店の所在地
東京都千代田区丸の内一丁目6番6号
売上高
1,906,532百万円/ 連結 9,162,264百万円 2017年3月期

基本理念

日立製作所は、その創業の精神である"和"、"誠"、"開拓者精神"をさらに高揚させ、日立人としての誇りを堅持し、優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献することを基本理念とする。 あわせて、当社は、企業が社会の一員であることを深く認識し、公正かつ透明な企業行動に徹するとともに、環境との調和、積極的な社会貢献活動を通じ、良識ある市民として真に豊かな社会の実現に尽力する。