日立ハイテクグループの『機械設計(半導体向け光学検査装置)』の求人情報

採用ホームページと連動した求人情報のため、求人サイトを介さずに、直接、企業のエントリーフォームに応募ができ、採用担当者がアナタの応募情報を確認します

機械設計(半導体向け光学検査装置)

半導体向け光学検査装置の機械・機構設計に携わっていただきます。

具体的には…半導体向け光学検査装置の中でも、パターンの無いウェハの検査を行う装置を担当。
半導体製造の中では、歩留まり改善(不具合率の改善)が重要になっています。

このベアウエハの光学検査装置の検査方法はレーザーを当てて散乱光を検知し、ウエハ上のゴミ・異物を検知し、不具合を発見する装置。

装置の中では、ウエハを回転台の上に搬送し、高速回転する回転台の上で、ウエハの位置ずれが無いように維持します。また高速回転時に発生する気流のコントロールも行います。

機械エンジニアとして、この回転台やウエハの搬送・維持のためのクランプなどの機構設計に携わるほか、気流をコントロールするため構造設計までも検討します。

また設計をした装置については、試作品を組み立て、製造に向けた検討も実施します。


【やりがい・魅力】
世界でも非常に高いシェアを持つ装置を扱っているプライドと業界の構造をひっくり返すのである、というチャレンジ精神を強く持つ組織です。
別工程で利用する検査装置(測長SEM)はトップシェアで、シナジー効果があります。


【採用背景】
半導体検査装置において日立は業界2位のシェアとなっておりますが、近年少しずつシェアが奪え始めております。日立の技術力が近年評価されており、トップシェア装置からの置き換え需要が発生してきております。今、ビジネスチャンスの波が生まれている機会を捉え、更なる開発力強化に向け社内体制を強化するため、採用を検討しています。


【那珂事業所での働き方について】
・那珂事業所の総合棟は2011年竣工で最新鋭の設備が整っています。
・食堂は収容人数約500名で豊富なメニューから選んで食事することが出来ます。コンビニやコーヒーショップも設置。
・敷地内にバーベキュー場があり、休日には家族と一緒に社員でBBQを行うことも。社員同士のつながりも強く、アットホームな社風も魅力です。
・テニスコート、体育館もWEB予約制で利用可能。その他社員向け福利厚生も充実しています。


【ひたちなか市の環境について】
・ひたちなか市は東京駅から電車で約1時間程度。
 都市の開発が進んでおり、商業施設や娯楽施設も豊富です。
・また新しい住宅街も増えており、ひとり暮らしの方はもちろん、
 ご家族での生活、子育てなども最高の環境があります。

勤務地

茨城県ひたちなか市

応募資格

・駆動系の機械設計経験者のある方

待遇

【想定年収】
500-800万
※月給343,000円以上~(固定残業代含む)+賞与
※固定残業代は30時間分(70,600円~90,000円)

【休日休暇】
完全週休2日制(土・日)、祝日 【年間休日126日】
年次有給休暇(22日~24日)
年末年始休暇、リフレッシュ休暇など

【福利厚生】
給与改定年1回、賞与年2回(6月、12月)
各種社会保険、財形制度、年金制度
独身寮・社宅完備、住宅融資、保養所など

求人企業の応募フォームに直接応募できます

日立ハイテクグループ

茨城県ひたちなか市 機械・金型設計 ( 機械・電気・電子系 )

求人企業の応募フォームに直接応募できます

後で応募するために情報のURLをメールで送ることができます

会社情報

事業内容・商品・販売先等

半導体製造装置、FPD/ハードディスク関連製造装置、チップマウンタ、汎用分析機器、解析装置、医用分析装置の製造/販売/サービス、及び産業/ITシステム、工業材料、電子デバイス/材料などの販売

株式会社日立ハイテクノロジーズ 事業分野
科学・医用システム・電子デバイスシステム・産業システム・先端産業部材
株式会社 日立ハイテクファインシステムズ 事業分野
設計、製造、販売ならびに保守サービス 1.社会インフラ事業<公共交通機関等の検査装置 / インフラ新分野> 2.産業インフラ事業<工場自動化設備(自動車部品・家電関連組立・検査設備) / 産業用インクジェット設備 / その他自動化設備 / ハードディスク製造・検査装置>
株式会社 日立ハイテク九州 事業分野
医用分析装置・バイオ関連機器および消耗品の開発、設計、製造

徹頭徹尾、細やかな気配りに満ちた“日立品質”を貫く

日立ハイテクグループは、お客さまへの細やかな気配りにあふれた "品質"にこだわり、"日立ハイテククオリティ"を半導体製造・検査装置、電子顕微鏡や医用・バイオ分析機器、鉄道車両検測装置や産業自動化設備などの製品領域と、先端産業部材領域から具現化しています。

“品質”という強い武器を携え、本気で世界の頂きをめざします

私たちはいま、「Challenge to Change」というスローガンを掲げ、 ハイテク・ソリューション事業全体でグローバルトップになろうと 呼びかけ合っています。 日立が永く培ってきた電子線技術や計測・分析技術などのコア技術と、 その応用技術の蓄積、そして“品質”という強い武器を携え、本気で世界の頂きをめざします。